医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > リアルタイムCGM「ガーディアン コネクトシステム」を提供開始-メドトロニック

リアルタイムCGM「ガーディアン コネクトシステム」を提供開始-メドトロニック

読了時間:約 1分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月05日 PM12:30

モバイル機器上でグルコース変動をリアルタイムに確認

日本メドトロニック株式会社は12月3日、持続グルコースモニタリング(CGM)システム「ガーディアン(TM)コネクトシステム」の販売を開始したと発表した。


画像はリリースより

ガーディアンコネクトシステムは、患者が普段使用しているモバイル機器上で、グルコース変動をいつでも確認することができるもの。また、予測アラート通知機能により、高血糖や低血糖に至る可能性がある場合に、いち早く糖尿病患者へ知らせることで、早めの対応を促すことが期待されている。

CGMシステムとしては日本で初、SMSによるアラート通知が可能に

さらにガーディアンコネクトシステムは、CGMシステムとして日本で初めて、SMSテキストメッセージによるアラート通知が可能で、糖尿病患者の家族や医療従事者も、インターネットに接続されているモバイル機器を通じて、糖尿病患者の高グルコースおよび低グルコースのアラート通知を受け取ることができる。また、ガーディアンコネクトシステムから「(TM)(ケアリンク)」糖尿病管理ソフトウェアへ定期的にデータをアップロードする機能を利用することにより、インスリン治療を受ける糖尿病患者と医療従事者のデータの共有に伴う負担を軽減する。

CGMシステムを使用するには、小型のセンサを腹部などの皮下に挿入。小型の測定器をセンサに接続し、間質液中のグルコース濃度を測定する(1日最大288回)。測定値は、モバイル機器へ5分ごとに送信。あらかじめ設定した上・下限値に達する最大60分前までに、アラートで通知されるように設定することが可能だ。

ガーディアンコネクトアプリは、iOSデバイス用に提供。Android対応のアプリも現在開発中で、今後、提供を予定している。現在、ガーディアンコネクトシステムは、米国、ヨーロッパ諸国、オーストラリア、チリ、シンガポール、韓国で販売されている。(大場真代)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 手動接続の腹膜透析液交換システムにカチットタイプとウイングタイプを追加-テルモ
  • ADHDの脳構造の特徴をAIで解明、遺伝子多型の影響を発見-JSTら
  • 急性膵炎の局所合併症治療専用システム「Hot AXIOSシステム」を発売-ボストン・サイエンティフィック
  • リアルタイムCGM「ガーディアン コネクトシステム」を提供開始-メドトロニック
  • aiboによる介在療法が長期療養中の小児に与える癒し効果を検証-成育センター