医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > リアルタイムCGM「ガーディアン コネクトシステム」を提供開始-メドトロニック

リアルタイムCGM「ガーディアン コネクトシステム」を提供開始-メドトロニック

読了時間:約 1分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月05日 PM12:30

モバイル機器上でグルコース変動をリアルタイムに確認

日本メドトロニック株式会社は12月3日、持続グルコースモニタリング(CGM)システム「ガーディアン(TM)コネクトシステム」の販売を開始したと発表した。


画像はリリースより

ガーディアンコネクトシステムは、患者が普段使用しているモバイル機器上で、グルコース変動をいつでも確認することができるもの。また、予測アラート通知機能により、高血糖や低血糖に至る可能性がある場合に、いち早く糖尿病患者へ知らせることで、早めの対応を促すことが期待されている。

CGMシステムとしては日本で初、SMSによるアラート通知が可能に

さらにガーディアンコネクトシステムは、CGMシステムとして日本で初めて、SMSテキストメッセージによるアラート通知が可能で、糖尿病患者の家族や医療従事者も、インターネットに接続されているモバイル機器を通じて、糖尿病患者の高グルコースおよび低グルコースのアラート通知を受け取ることができる。また、ガーディアンコネクトシステムから「(TM)(ケアリンク)」糖尿病管理ソフトウェアへ定期的にデータをアップロードする機能を利用することにより、インスリン治療を受ける糖尿病患者と医療従事者のデータの共有に伴う負担を軽減する。

CGMシステムを使用するには、小型のセンサを腹部などの皮下に挿入。小型の測定器をセンサに接続し、間質液中のグルコース濃度を測定する(1日最大288回)。測定値は、モバイル機器へ5分ごとに送信。あらかじめ設定した上・下限値に達する最大60分前までに、アラートで通知されるように設定することが可能だ。

ガーディアンコネクトアプリは、iOSデバイス用に提供。Android対応のアプリも現在開発中で、今後、提供を予定している。現在、ガーディアンコネクトシステムは、米国、ヨーロッパ諸国、オーストラリア、チリ、シンガポール、韓国で販売されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 生物発光で複数マウスの脳活動を同時にライブ観察できるワイヤレス計測法開発-阪大ら
  • 生きた真核細胞内でタンパク質の立体構造を高精度に観測する技術開発に成功—首都大ら
  • 長波長の光で操作可能な人工ロドプシンの作成に成功、脳深部の神経ネットワーク解明に期待—東大ら
  • CRISPRを用いた遺伝子スクリーニングで、がん治療薬候補を網羅的に同定-京大
  • LC-SCRUM-Japanで構築のがん臨床ゲノムデータを活用し、スーパーコンピュータ「京」で薬剤有効性を予測-慶大ら