医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > ウィリアムス症候群の多彩な症状に大規模な遺伝子発現の変動が関与-京大

ウィリアムス症候群の多彩な症状に大規模な遺伝子発現の変動が関与-京大

読了時間:約 1分33秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月31日 PM12:30

7番染色体の片方にある約28個の遺伝子が欠損する疾患

京都大学は10月26日、遺伝子の欠損によって発症するウィリアムス症候群において発現が変動する遺伝子を探索し、複数の遺伝子群(モジュール)が病態に関わっていることを発見したと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科の木村亮助教、萩原正敏教授らの研究グループが、同大医学部附属病院小児科・精神科、同大人間環境学研究科、、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校と共同で行ったもの。研究成果は、「Journal of Child Psychology and Psychiatry」のオンライン版に掲載されている。


画像はリリースより

ウィリアムス症候群は、1万人に1人の頻度で生じ、特徴的な顔貌、発達や知的な遅れ、過度な社交性、心血管異常、糖尿病など多彩な症状がみられる疾患。この病気では、7番染色体の片方にある約28個の遺伝子が失われていることが知られている。これまで、これら失われた遺伝子に着目した研究が進められてきたが、症状と遺伝子との関係については、十分に明らかにされていなかった。そのため、他のアプローチによる研究が待たれていた。

失われた遺伝子以外でも広範囲にわたって発現の変動が

研究グループは、患者家族会(エルフィン関西)などの協力を得て集めた多数の検体に、トランスクリプトーム解析という方法を用いて、すべての染色体上の遺伝子の発現変動を調査。その結果、ウィリアムス症候群では、遺伝子が失われた場所だけでなく、広範囲にわたって遺伝子の発現に変動があることが明らかになった。そこで、似たような変動パターンを示す遺伝子をグループ化して抽出・調査した結果、複数の遺伝子群(モジュール)が病気や症状と関連していることが判明。特にウィリアムス症候群と最も強い相関を示したモジュールは、失われた遺伝子以外で構成されており、免疫系と関連していることが明らかになった。さらに、このような大規模な遺伝子の発現変動が生じる要因のひとつとして、マイクロRNAが関わっている可能性を見出した。

失われた遺伝子以外の遺伝子が病態に関与していることが初めて見出されたことで、同疾患に対するさらなる理解と将来的な治療法の開発につながると期待される。研究グループは、ウィリアムス症候群の患者の脳でも今回と同じような遺伝子の変化がみられるのかについて関心を持っており、患者の細胞から作成したiPS細胞を神経などに分化させて調べるような研究を準備中だとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 新規画像強調機能LCI、WLIより上部消化管腫瘍性病変の発見に有用-東京医歯大ほか
  • 日本人がん患者由来PDXライブラリーを構築、がん医療推進に向けた基盤整備を達成-LSIメディエンスほか
  • 乳児期に抗NMDAR脳炎を発症したIRAK4欠損症を発見、世界初-広島大ほか
  • 新型コロナウイルス、ヒトの生体防御機構を利用して変異し続ける-東北大
  • 次世代型内視鏡用粘膜下注入材を開発、内視鏡治療成績向上などに期待-京都府医大