医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】タミフル、10代に投与再開-異常行動に統一の注意喚起

【厚労省】タミフル、10代に投与再開-異常行動に統一の注意喚起

読了時間:約 1分26秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月24日 AM10:45

厚生労働省は21日、中外製薬の「」(一般名:)など抗インフルエンザウイルス薬7品目について、添付文書の「使用上の注意」を改訂するよう製造販売業者に要請した。タミフルの警告欄から10代の使用差し控えの記載を削除し、投与を再開できるようになる。異常行動に対する注意喚起についても、整合性を図るため他の抗インフルエンザ薬と内容を統一した上で、重要な基本的注意の項に記載する。

今回の改訂対象となる抗インフルエンザ薬は、タミフルのほか、「シンメトレル」(アマンタジン)、「」(ザナミビル)、「」(ラニナミビル)、「ゾフルーザ」(バロキサビル)、「」()、「ラピアクタ」()の計7品目。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚科審部会】コロナを新型インフルに分類-入院拒否に罰則適用も
  • 【日病薬】タスクシフト先進事例を公開へ-全国的な実施に向け後押し
  • 【厚労省】医薬品金額は9.5兆円-埼玉県が生産トップ
  • 【臨床研究部会】臨床研究法見直し検討開始-「スポンサー」導入など論点
  • 【厚労省】コロナ中等症にも投与可-ベクルリーの添付文書改訂