医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【東大育薬グループ】疑義照会が生じた原因分析-医師と患者の情報伝達に問題

【東大育薬グループ】疑義照会が生じた原因分析-医師と患者の情報伝達に問題

読了時間:約 1分51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月06日 AM10:15

薬剤師の疑義照会が発生した原因のうち「医師と患者間の情報伝達に問題」が最も多く、全体の25%に達することが、東京大学大学院薬学系研究科育薬学講座などの研究によって明らかになった。次いで「医師の処方作成に問題」が23%を占めていた。疑義照会内容を分析した報告は存在するが、そもそもなぜ疑義照会をする必要があったのかを原因まで遡って分析した報告はほとんどない。原因を分析し対策を講じて疑義照会を減らすことができれば、薬剤師は浮いた時間を患者の服薬ケアに使えて、より良い薬物治療の提供につながるという。

研究グループは2018年1月28日から2月25日までの約1カ月間、アインホールディングスの約700薬局で実施した疑義照会事例を収集。疑義照会に関与した薬剤師に詳細な内容を入力してもらい、それを分析した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【京都薬大/星薬大/明治薬大】教育の改良、3大学連携で-複合的な課題解決能力を養成
  • 【厚労省】遠隔指導でも薬歴料算定可-薬が届いた後の確認等要件に
  • 【西日本豪雨・厚労省まとめ】浸水被害209薬局に増加-MPも広島・岡山で活動開始
  • 【協和病院、東大ら共同研究】単剤化達成で高い費用対効果-統合失調症治療の病棟業務で
  • 【厚労省まとめ】西日本豪雨、浸水被害192薬局に-医薬品供給体制は支障なし