医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > タファミジス、TTR-CMを対象としたP3試験で肯定的な結果-米ファイザー

タファミジス、TTR-CMを対象としたP3試験で肯定的な結果-米ファイザー

読了時間:約 1分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月11日 PM01:00

TTR-CMの治療薬としての適応を目指すタファミジス

米ファイザー社は3月29日、トランスサイレチン型心アミロイドーシス()を対象にタファミジスを評価する第3相ATTR-ACT試験において、タファミジスが主要評価項目を達成したと発表した。

TTR-CMは、進行性心不全を伴う死に至る希少疾病であり、見逃されていることが多い現状である。TTR-CM患者の平均余命は、診断後わずか3~5年間。現時点におけるTTR-CMの有病率は不明だが、実際に適切な診断を受けている患者は1%未満と考えられており、同疾患を適応症として承認された薬物治療はまだ存在しない。

死亡・心血管事象での入院回数を組み合わせた評価項目で良好な結果を示す

ATTR-ACT試験は、多施設国際共同第3相二重盲検プラセボ対照・無作為化3群間比較臨床試験。441名の患者を対象に、1日1回20mgまたは80mgのタファミジスメグルミンカプセルを経口投与し、有効性、安全性および忍容性をプラセボと比較評価した。試験には、遺伝性の変異型を有する遺伝性と、老化に伴って発症する野生型、両方の患者が登録された。

その結果、タファミジスは30か月目の時点でプラセボと比較して、原因を問わない全ての死亡および心血管事象による入院回数を組み合わせた複合評価項目において、統計学的に有意な減少を示した。さらに、現時点で解析した安全性データによると、タファミジス群の忍容性はおおむね良好であり、未知の安全性上の問題は認められなかったという。

2011年、タファミジスは、EUおよび米国においてTTR-CMを対象にオーファンドラッグ(希少疾病医薬品)指定を受領。2017年6月、米国食品医薬品局(FDA)は、TTR-CMを適応としたタファミジスを迅速審査の対象に指定し、また、2018年3月、日本の厚生労働省は、同疾患を適応としたタファミジスを先駆け審査の対象に指定した。なお、日本においてタファミジスメグルミン(製品名:)は、「トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチーの末梢神経障害の進行抑制」の適応で、2013年9月に製造販売承認を取得し、同年11月から発売を開始している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • ゼチーアとアトルバスタチンの配合剤、アトーゼット配合錠発売-MSD
  • 世界初の胆汁酸トランスポーター阻害剤グーフィス錠、慢性便秘症で発売-EAファーマら
  • 開発中のDMD治療薬、医師主導早期探索的臨床試験結果が学術誌に掲載-NCNP
  • 抗PD-L1抗体テセントリク、切除不能な進行・再発NSCLCの適応で発売−中外製薬
  • 再発・難治性急性リンパ性白血病治療薬「ベスポンサ」を発売−ファイザー