医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 経済財政諮問会議、後発品の数量シェア、20年度に80%以上―塩崎厚労相が新目標示す

経済財政諮問会議、後発品の数量シェア、20年度に80%以上―塩崎厚労相が新目標示す

読了時間:約 1分33秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月29日 AM10:15

塩崎恭久厚生労働相は26日の経済財政諮問会議で、後発品の数量シェアを2020年度末までに80%以上とする新たな目標を示した。現行の数量シェア目標の60%以上を1年前倒しして16年度末までに達成。その上で、ロードマップの見直しを視野に80%の次期目標を定める。新目標を達成した場合の医療費削減効果は1兆3000億円に上ると試算した。

塩崎厚労相は、社会保障政策の重点改革事項の一つに後発品の使用加速化を提示。数量シェア60%以上の達成目標を1年前倒しして16年度末までに達成した上で、20年度末までに80%以上とする新たな目標を定める方針を打ち出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚科審小委員会】「ゾフルーザ」備蓄見送り-現時点で臨床データ不足
  • 【厚労省】「ゾレア」に効能変化の特例-14成分に市場拡大再算定
  • 【厚労省】緊急避妊薬の研修で通知-オンライン診療に対応
  • 【19年度の登録販売者試験】全国で2万8328人が合格-平均合格率は43.4%に
  • 【厚労省】一部OTC薬も迅速審査-豪州で早期上市可能に