医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > iOS対応ワイヤレス解析付心電計「smartECG」を発売-ECGラボ

iOS対応ワイヤレス解析付心電計「smartECG」を発売-ECGラボ

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年01月29日 AM06:00

要望が多かったiPhone、iPad対応心電計

株式会社ECGラボは1月20日、iOS対応()ワイヤレス解析付心電計「smartECG」を2014年12月1日より出荷したことを発表した。


画像はプレスリリースより

同社はこれまでに、往診時の医師の負担を軽減するためのパソコン心電計を開発。ノートパソコンを心電計として使用することにより、コンパクトで持ち運びやすく、データ管理も可能な心電計として、約4年間で医療機関に2,000台以上導入されたという実績を持つ。昨年には、アンドロイドタブレットに対応し、よりコンパクトな持ち運びが可能になっていたが、その頃からiPhone、iPadに対応する心電計の要望が多くなったという。

豊富な対応デバイス、幅広い院外活動に威力を発揮

その要望に応えるべく、今回iPhone、iPad対応心電計を発売。自身の持っているデバイスが標準12誘導解析機能付心電計になるという。軽くて薄く持ち運びやすいので、院内はもちろん、・災害医療・遠隔医療・在宅医療など幅広い院外活動に威力を発揮することが想定される。誘導ケーブルとのデータのやりとりはワイヤレスで行えるため、測定時の取り回しも楽になるという。

また、心電データはクラウドにアップすることで診察室のデスクトップパソコンなどから心電図を参照することも可能。外出先でもいつでも確認することができる。さらに、ベクトル解析表示(12誘導から変換)機能もあるという。

なお、誘導ケーブルは胸部6つの電極を1本につなげ、四肢を2本(右手・右足と左手・左足)にまとめた。コードが全部で3本なので、コードが絡む煩わしさや間違い防止にも役立つとしている。

▼外部リンク
株式会社ECGラボ プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • VR環境で物体は小さく見え、仮想手で物を掴むとき手の開きが大きくなると判明-慶大
  • 国産手術支援ロボット「hinotori」による遠隔模擬手術を実施-藤田医科大
  • 脳腫瘍識別に有用な、局所投与型の術中蛍光プローブを開発-東大
  • 新型コロナ由来のウイルスRNAを5分以内に検出する技術を開発-理研ほか
  • 子宮体がん、子宮鏡画像を用いたAI自動診断システムの開発に成功-東大病院ほか