医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 医薬分業進展で薬剤費減少―全国データ用い相関関係立証

医薬分業進展で薬剤費減少―全国データ用い相関関係立証

読了時間:約 2分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月14日 AM09:51

医薬分業が進むほど1日当たりの内服薬の薬剤料は減少することを示した論文が、カナダの学術誌「グローバルジャーナルオブヘルスサイエンス」7月号(Vol. 6, No. 4;2014)に掲載された。医薬分業の進展が、薬剤費の削減に効果があったことを示す初のエビデンスになるとみられる。筆頭著者の横井正之氏(パスカル薬局)は、面分業の拡充による薬局薬剤師の疑義照会が薬剤費の削減に効果を発揮したと推測している。

横井氏

横井氏らの研究グループは、院外処方箋を応需する薬局における調剤医療費のデータベースとして厚生労働省が公開している、調剤MEDIASデータを活用。2012年のデータから各都道府県の処方箋1枚当たりの内服薬剤料、投薬日数を抽出した。そのデータをもとに院外処方における各都道府県の1日内服薬剤料を算出。その上で、各都道府県における[1]医薬分業率[2]GE薬の使用率(数量ベース)[3]75歳以上の人口比率――の3因子が、1日内服薬剤料の増減にどのような影響を及ぼすのか、多変量解析を行った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【第4次安倍再改造内閣】加藤前厚労相が再登板-社会保障「しっかり議論」
  • 【覆面調査】4年連続で遵守率が低下-乱用恐れ医薬品の販売規則
  • 【厚労省】PHRの活用へ環境整備-来年度早期に工程表策定
  • 【薬価部会】独自算定ルール求める声-再生医療等製品の価格で
  • 【厚労省】データヘルス改革で新計画-ゲノムと医療AIの活用加速