医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 除草剤は胎児の鼻腔閉塞障害に関連か【アメリカ】

除草剤は胎児の鼻腔閉塞障害に関連か【アメリカ】

読了時間:約 1分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年10月18日 PM08:00
除草剤のアトラジンは出産障害に関連

除草剤のアトラジンは、テキサスを中心にアメリカで広く使用されているが、そのテキサス在住の母親には平均に比べてもより多くの鼻腔閉塞の障害を持つ子供がいるという疑いが浮上した。

(画像はイメージです)

母体のホルモンバランスの乱れが引き起こす

除草剤のアトラジンは、珍しい鼻腔を形成させるといった出産障害に関連していると新しい研究は指し示した。

アトラジンはアメリカでは特にとうもろこし栽培の除草に最もよく使用されているが、ホルモンの分泌のバランスを狂わせる、つまり、人のホルモン機構を妨害すると考えられている。

この研究では、アトラジンと先天性後鼻腔閉鎖症という出産障害の関係を調べている。

乳児の呼吸困難、一般的な治療法は手術

後鼻腔閉鎖症の原因となるものは少しずつ解明されているが、化学物質が母親のホルモン分泌を妨げ、それがその危険性に関連しているというのが研究者の見解だ。

ベイラー大学医学部、テキサス児童がんセンターの小児科、血液学、腫瘍学准教授でこの研究の責任者フィリッポ・ルポ氏は、最も高レベルのアトラジンが使われているテキサス在住の母親の子供が、アトラジンの使用が少ない地区に在住の母子に比べ、80%も多くの後鼻腔閉鎖症、あるいはそれよりも症状の軽い後鼻腔狭窄をもっていたことを突き止めた。

この結果の根拠は公衆衛生と保険による勧告よりも詳しいが、これはアトラジンの役割を含め、この出産障害の原因を理解するためのはじめの第一歩となるものだとしている。

研究では、除草剤アトラジンと後鼻腔閉鎖症の関係を見出しだが、因果関係は今のところまだ明らかになっていない。

▼外部リンク

the Journal of Pediatrics 同研究に関するサイト
http://www.jpeds.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 急速進行性糸球体腎炎の診断と腎予後予測が可能な「尿検査法」を開発-藤田医科大ほか
  • 高齢者の「農作業、知的活動、社会参加」がフレイルから健常への改善に寄与-都長寿研
  • Nrf2活性化を伴う治療抵抗性腫瘍、周囲の正常細胞もNrf2活性化で進行抑制-東北大
  • オリーブ油に富む地中海食が血管に良い影響を及ぼす分子機序の一端を解明-東大ほか
  • 脳の人工受容体特異的な作動薬DCZを開発、サルで作業記憶消去に成功-量研ほか