医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 高齢者向けICT活用健康教育プログラム、身体活動維持に期待-大阪公立大

高齢者向けICT活用健康教育プログラム、身体活動維持に期待-大阪公立大

読了時間:約 1分31秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年06月10日 AM09:10

高齢者のICT利用、人との直接的な関わり「少」が障壁になる?

大阪公立大学は6月4日、高齢者対象の健康教育プログラムへのZoomの活用で、同時双方向型のコミュニケーションを実現したと発表した。この研究は、同大大学院リハビリテーション学研究科の上村一貴准教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Journal of Aging and Physical Activity」のオンライン速報版に掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

ヘルスケアサービスへのICT(情報通信技術)の活用は、サービスへのアクセス向上や参加・継続率向上など、多くのメリットが期待される。一方、高齢者にとっては、人との直接的な関わりが少なくなることが、ICT利用の障壁になりうるとも指摘されている。

研究グループは先行研究により、主体的な学びと他者との協働を促進するアクティブラーニングを高齢者の健康教育に応用することで、介入後も身体活動・機能向上が持続する行動変容効果が得られることを報告してきた。

29人対象、Zoom群とメール群でアクティブラーニング型健康教育の効果を検証

今回の研究では、Web会議システムZoomを用いたアクティブラーニング型健康教育が、アクセスしやすさと、対人交流による受け入れやすさ・意欲向上へ良い影響を与えると期待し、調査を行った。同研究ではパイロット試験により、介入の実行可能性と身体活動への持続効果を検証。試験には、パソコンを所有し、Eメールが利用可能な地域に在住している高齢者29人が参加し、介入群と対照群へランダムに振り分けられた。介入群には、Zoomを利用して週1回90分、12週間のアクティブラーニング型健康教育介入を、対照群にはメールでの資料配信のみを行い、その効果を検証した。

Zoom群はプログラム参加・継続率良好、終了24週後の身体活動維持に中等度の効果

分析の結果、介入群におけるプログラムへの参加・継続率は良好であり、対照群と比べて介入終了から24週後の身体活動維持にも中等度の効果が確認された。

ICTとアクティブラーニングの融合により、距離や場所の制約なく、他者との協働による健康づくりを実践することが可能になる。ポストコロナ社会においてデジタル化がさらに進む中で、本プログラムは特に重要な意義を持つと考えられる。今後、規模を拡大した効果検証が望まれる、と研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 胸部X線写真で肺機能を高精度に推定可能なAIモデル開発-大阪公立大
  • 24時間365日患者に寄り添う、AI活用メンタルケアサポートシステム開発-岡山大
  • 高齢者向けICT活用健康教育プログラム、身体活動維持に期待-大阪公立大
  • AI活用の体腔内異物検出システム、臨床研究で有用性を確認-長崎大ほか
  • 心房細動治療システム「PulseSelect PFAシステム」国内承認-日本メドトロニック