医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【国衛研/厚労省】新たに複数化合物検出-小林の紅麹健康被害で

【国衛研/厚労省】新たに複数化合物検出-小林の紅麹健康被害で

読了時間:約 1分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年04月24日 AM11:13

国立医薬品食品衛生研究所と厚生労働省は19日、小林製薬の紅麹含有製品による健康被害について、健康被害情報のあるロットを検査したところ、プベルル酸以外に「複数の化合物」が検出されたことを公表した。物質の同定はできていないとして、「同定作業は相当の時間を要するが、できる限り早期に終えて次の段階に進みたい」とした。

同事案の原因物質の同定に関しては、小林製薬が健康被害のあった製品のロットを高速液体クロマトグラフ(HPLC)による分析を行い、青カビが産生する物質であるプベルル酸が検出されたことを既に公表している。その後、国衛研がロットを限定せずにHPLC等での理化学検査を実施し、プベルル酸を含めた原因となり得る物質を網羅的に検索し、化合物の同定を進めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】自宅でのテレワーク可能に-医薬品製造管理者業務
  • 【厚労省】電子処方箋に機能追加案-アレルギー歴参照機能も
  • 【日薬連薬価研】「特例後発品」適用は1割-A区分企業の品目調査
  • 【薬局機能検討会】地域連携薬局は「在宅機能」-健サポとの棲み分け図る
  • 【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ