医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 国民民主・玉木代表「4大臣会合やり直しを」-中間年改定、首相明言せず

国民民主・玉木代表「4大臣会合やり直しを」-中間年改定、首相明言せず

読了時間:約 1分3秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年02月05日 AM11:46

国民民主党の玉木雄一郎代表は1日の衆議院本会議代表質問で、現行薬価制度に問題意識を示し、「中間年改定を決めた2016年末の4大臣会合をやり直すべき」と岸田文雄首相に迫った。これに対し、岸田首相は「今後ともイノベーション推進と国民皆保険の持続性を両立する観点から、薬価改定を行っていく」と答弁。明言を避けた。

代表質問で玉木氏は、現行の薬価制度について、「薬の原材料価格が高騰する中、医療費削減を薬価に依存するやり方では安定供給もイノベーションも、ひいては国際競争力を阻害する。何より製薬業界の賃上げも困難だ」と指摘。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省が調査】地域薬、組織率が課題に-「7割未満」が1割強
  • 【厚労省】他社品比較情報を容認へ-提供先は要求者に限定
  • 【薬局機能検討会】休日・夜間に緊急対応拠点-「医師指示なし」の在宅で
  • 【日病薬調査】7割超が薬剤師確保計画-都道府県と病薬で意見交換
  • 日医・松本会長、薬価改革「しっかり注視」-創薬進展や医薬品供給