医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 両親の喫煙、子の2・4歳時の収縮期血圧の高さに関連-東北大ほか

両親の喫煙、子の2・4歳時の収縮期血圧の高さに関連-東北大ほか

読了時間:約 1分59秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年09月07日 AM10:20

日本人幼児の血圧値と体格・・環境要因などとの関連を検討、エコチル調査より

東北大学は9月5日、子どもの健康と環境に関する全国調査(以下、)の詳細調査に参加した4,988人の2歳と4歳時点での血圧平均値を算出し、体格、基礎疾患、環境要因などとの関連を検討した結果を発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科発達環境医学分野/エコチル調査宮城ユニットセンターの大田千晴教授、同大学院生の金森啓太医師らの研究グループによるもの。研究成果は、「Pediatric Research」に掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

エコチル調査は、胎児期から小児期にかけての化学物質ばく露が子どもの健康に与える影響を明らかにするために、2010年度から全国で約10万組の親子を対象として環境省が開始した出生コホート調査。臍帯血、血液、尿、母乳、乳歯等の生体試料を採取し保存・分析するとともに、追跡調査を行い、子どもの健康と化学物質等の環境要因との関係を明らかにしている。国立環境研究所を中心に、国立成育医療研究センターにメディカルサポートセンターを、各地の15の大学等に地域の調査の拠点となるユニットセンターを設置し、環境省と共に各関係機関が協働して実施している。

日本人成人の高血圧の有病率は高く、小児期からの高血圧予防が重要だ。しかし、日本人小児の血圧についての大規模なデータはなかった。そこで同研究では、日本人幼児の血圧値と、体格、基礎疾患、環境要因などとの関連を検討した。

2・4歳時点収縮期血圧、両親喫煙群は両親喫煙なし/片方喫煙あり群より有意に高値

エコチル調査の全体調査・詳細調査で収集したデータを使用し、2歳、4歳児の血圧平均値を算出。この結果、2歳時点では、男児であること、親が現在喫煙していること、4歳時点では、母の妊娠高血圧の既往、親が現在喫煙していること、母または父の学歴(高等学校卒以下であること)が収縮期血圧の高さに関連していた。

喫煙の影響についてさらに調査するため、両親喫煙なし、片方が喫煙あり、両親が喫煙の3つの群で解析。この結果、両親喫煙群では2歳、4歳時点での収縮期血圧が、他の群に比べ統計学的に有意に高値であることがわかった。

血圧値95パーセンタイル値以上の児、有意に肥満度「高」

さらに、他の要因との影響を検討するため、算出した血圧値のうち、95パーセンタイル値以上の児について調査。その結果、上位95パーセンタイル値以下の群に比べて、統計学的に有意に肥満度が高いことがわかった。

受動喫煙・肥満は幼児期の血圧高値に関連、将来の高血圧につながる可能性

今回の研究によって、受動喫煙や肥満は幼児期の血圧の高値に関連しており、将来の高血圧につながる可能性が示唆された。

同研究では2、4歳児の血圧値を算出、環境因子との関連を検討した。受動喫煙の程度を、両親の喫煙の有無のみで判定しており、1日の受動喫煙の長さや期間では判定していない。今後は、現在も進行中の6、8、10、12歳の学童期の子どもたちの血圧の推移と環境因子との関連、将来の高血圧を予防する方法の探索を中心に研究を進めていく予定だ、と研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 原因腎疾患不明の透析患者、1割に遺伝性腎疾患の潜在を発見-東京医歯大ほか
  • 平滑筋肉腫の肺転移、上皮細胞接着因子EPCAMが治療標的候補に-九大
  • 顔の初期発生過程の解明に寄与し得る組織モデル作製に成功-京大
  • 腸内細菌の腸への定着、宿主の食事に合わせた菌の遺伝子変異が重要-慶大先端研ほか
  • ソトラシブ治療抵抗性、肺がんAXL阻害薬併用が有効な可能性-京都府医大ほか