医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 世界初の持続性GIP/GLP-1受容体作動薬マンジャロ、2規格を発売-リリーと田辺三菱

世界初の持続性GIP/GLP-1受容体作動薬マンジャロ、2規格を発売-リリーと田辺三菱

読了時間:約 1分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年04月19日 AM10:38

1回使い切りのオートインジェクター型注入器で、週1回皮下注射

日本イーライリリー株式会社と田辺三菱製薬株式会社は4月18日、持続性GIP/GLP-1受容体作動薬マンジャロ(R)皮下注2.5 mgアテオス(R)、同皮下注5 mgアテオス(R)(一般名:)について、2型糖尿病を効能又は効果として発売したことを発表した。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

マンジャロは、グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド()とグルカゴン様ペプチド-1()の2つの受容体に作用する、世界初の持続性GIP/GLP-1受容体作動薬。同剤の構造は、天然GIPペプチド配列をベースとした単一分子で、GLP-1受容体にも結合するように改変されており、選択的に長時間作用し血糖値を改善する。

同剤は、1回使い切りのオートインジェクター型注入器()によって、週1回皮下注射する。あらかじめ注射針が取り付けられた専用ペン型注入器により、注入ボタンを押すことで自動的に注射針が皮下にささり、1回量が充填されている薬液が注入される。患者が用量を設定したり、注射針を扱ったりする必要はない。

開始・維持用量を先行発売、高用量の4規格は6月12日発売予定

同剤は通常、成人にはチルゼパチドとして週1回2.5 mgから開始し、4週間投与した後、週1回5mgの維持用量に増量する。患者の状態に応じて適宜増減が可能な薬剤であり、5mgで効果不十分な場合は、4週間以上の間隔を空けて2.5 mgずつ増量ができ、最大で週1回15 mgまで使用が可能。6つの用量規格のうち、開始用量(2.5 mg)と維持用量(5 mg)の2規格を先行して発売した。高用量の4規格(7.5 mg、10 mg、12.5 mg、15 mg)については、2023年6月12日に発売を予定しているという。

マンジャロの製造販売承認は日本イーライリリーが有し、販売・流通は田辺三菱製薬が行う。医療従事者への情報提供活動は日本イーライリリーと田辺三菱製薬が共同で行うとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • アレモ、インヒビター保有なし先天性血友病の出血傾向抑制で追加承認-ノボ
  • TAK-079、一次性免疫性血小板減少症対象P2b試験の最新データ公表-武田薬品
  • 「ベンリスタ」オートインジェクター、5歳以上小児SLEの用法・用量追加承認-GSK
  • エブリスディ、I型SMA小児対象試験の5年データを発表-ロシュ
  • 糖尿病治療薬チルゼパチド、P2試験で線維化F2/F3伴うMASH改善-横浜市大ほか