医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 新型コロナ「オミクロン株」、日本で感染者を確認-厚労省

新型コロナ「オミクロン株」、日本で感染者を確認-厚労省

読了時間:約 37秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年12月01日 AM11:30

ナミビア滞在の男性、成田空港検疫で確認

厚生労働省は11月30日、海外から空港に到着した乗客で、検疫により確認された新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者1名の検体について、国立感染症研究所でゲノム解析を実施したところ、南アフリカを中心に確認されている新たな変異株「」(B.1.1.529系統の変異株)が確認されたことを発表した。オミクロン株が空港検疫で確認されたのは初めて。現在、当該入国者は医療機関において隔離を実施している。

(変異株)の無症状病原体保有者は、11月28日に成田空港に到着した30代男性。滞在国はナミビアだった。空港等到着時は無症状だったが、宿泊療養施設に移動後、発熱の症状が確認された。

厚生労働省としては、引き続き、各国政府やWHO、専門家等とも連携しつつ、諸外国の感染状況を注視しながら、機動的な感染拡大防止対策に努めていくとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • ADHDオンライン診療の信頼性、対面診療と高精度に一致-慶大ほか
  • 脳障害後の運動機能、強心剤ジゴキシンで回復できる可能性-大阪公立大
  • 2型糖尿病の改善に「薬用マウスウォッシュ」によるうがいが有効な可能性-阪大
  • 「フードリテラシー」が高い人ほど1日全体の「食事の質」が高い傾向-東大
  • 「酸化ストレス」が消化管がんを引き起こすメカニズムの一端を解明-九大ほか