医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > エドルミズ、悪性腫瘍におけるがん悪液質の治療薬として発売-小野薬品

エドルミズ、悪性腫瘍におけるがん悪液質の治療薬として発売-小野薬品

読了時間:約 55秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月22日 AM11:30

、膵がん、大腸がんにおけるがん悪液質が適応

小野薬品工業株式会社は4月21日、(R)(一般名:アナモレリン塩酸塩)錠50mg」について、(非小細胞肺がん、胃がん、膵がん、)におけるがん悪液質の効能または効果で、国内で発売したと発表した。


画像はリリースより

がん悪液質は、がんに伴う体重減少(特に筋肉量の減少)や食欲不振を特徴とする複合的な代謝異常症候群。がん悪液質は患者の生活の質(QOL)や予後などに対して顕著な影響を及ぼすことがわかってきているが、これまでに国内でがん悪液質の治療薬として承認された薬剤はなかった。

がん悪液質患者の体重・筋肉量増加、食欲増加効果の経口グレリン様作用薬

エドルミズは、選択的かつ新規の経口グレリン様作用薬。グレリンは、主に胃から分泌される内在性ペプチドであり、グレリンがその受容体に結合すると、体重、筋肉量、食欲および代謝を調節する複数の経路を刺激する。同剤は、がん悪液質患者における体重および筋肉量の増加並びに食欲の増加効果を示している。

用法および用量は、「通常、成人にはアナモレリン塩酸塩として100mgを1日1回、空腹時に経口投与する」としている。

今回、エドルミズの発売により、国内で治療法がなかったがん悪液質の患者の新しい治療選択肢となる。同社は、患者のQOL改善に貢献できるものと期待している、と述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ニルセビマブ、P3試験で健康な乳児のRSウイルス下気道感染を低減-英AZほか
  • リスジプラム、I型SMA対象P2/3試験で継続的な運動機能・生存率の改善-ロシュ
  • エドルミズ、悪性腫瘍におけるがん悪液質の治療薬として発売-小野薬品
  • 服部氏「パーキンソン病の重要なカギは腸内細菌」日本メドトロニック社セミナーで発言
  • COVID-19治療薬の使用「重症化する前が最適」 ギリアド社セミナーで三鴨氏