医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】LHキットの適正使用、薬剤師が説明83.9%

【厚労省】LHキットの適正使用、薬剤師が説明83.9%

読了時間:約 1分44秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月08日 PM01:00

厚生労働省は4月25日、妊娠検査薬の一般用黄体形成ホルモン(LH)キットについて、2年間の市販後適正使用調査の結果をまとめた報告書を薬事・食品衛生審議会医療機器・体外診断薬部会に示した。禁止されている避妊を目的とした購入が2069件中6件(0.3%)確認され、昨年5月に公表された中間報告と同様に適正使用目的の購入がほとんどだった。薬剤師が適正使用について説明した割合は83.9%と、中間報告の84.2%を下回る結果となった。

■機器・体診部会で報告

LHキットは、排卵予測日の補助を目的に尿検体を用いて黄体形成ホルモンを検出するが、ガイドラインでは避妊目的での使用を禁じており、販売条件として販売後2年間は適正使用調査の実施を義務づけている。今回の報告書は、日本臨床検査薬協会が2016年11月から2年間にわたって購入者と販売店にアンケートを行い、調査結果をまとめたもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【財政審が建議】費用対評価拡大を要求-セルフMの推進も明記
  • 【政府構想会議が中間案】創薬力強化に国が戦略目標-官民協議会で投資を誘致
  • 【老年薬学会が提言】「昼1回」に服薬簡素化を-高齢者施設職員の負担軽減
  • 【流改懇】過大な薬価差是正に着手-チェーン薬局の取引可視化へ
  • 【薬局機能検討会】患者急変時の薬準備せず-薬局6割、在宅対応に課題