医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【医薬・生活衛生局】新薬開発に実臨床データ、1億円計上で活用検討へ-18年度概算要求

【医薬・生活衛生局】新薬開発に実臨床データ、1億円計上で活用検討へ-18年度概算要求

読了時間:約 2分11秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月28日 AM10:30

厚生労働省医薬・生活衛生局の2018年度予算概算要求は、前年度比17.1%増の102億6200万円を計上した。実臨床のリアルワールドデータを活用した臨床試験を実施し、効率的な新薬開発を行うためのガイドラインを策定するための経費を新規で盛り込んだほか、ポリファーマシーなど高齢者の薬物療法の実態について、国のナショナルデータベース()から得られた副作用報告を解析するためのシステム改修経費を計上。・薬局の機能強化に向けた予算も増額要求し、新たなテーマ別モデル事業に薬薬連携の研修を追加する。

■かかりつけ強化は増額要求

医薬・生活衛生局の概算要求は、約2割の増額を求めた。革新的な医薬品等の迅速な実用化には、推進枠を生かして大幅増額の6億5400万円を要求。新規で実臨床での各種データの活用による革新的医薬品の早期実用化に1億0600万円を計上した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省・水谷産情課長】後発品企業間の連携促す-独禁法抵触判断で事例集
  • 【緩和医療薬学会年会】在宅緩和24時間対応に壁-対応可能薬局リスト化を
  • 【要指導・一般薬部会】マイティアルミファイ、点眼薬を要指導薬に
  • 【機能性検討会が報告書】健康被害情報を報告義務-サプリメントはGMP管理
  • 【財政審が建議】費用対評価拡大を要求-セルフMの推進も明記