医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 外用局所麻酔薬「エムラクリーム」のコ・プロモーション契約を締結-佐藤製薬と丸石製薬

外用局所麻酔薬「エムラクリーム」のコ・プロモーション契約を締結-佐藤製薬と丸石製薬

読了時間:約 47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月18日 AM06:00

丸石製薬が担当する麻酔科を主な対象として医薬情報提供活動

佐藤製薬株式会社は8月7日、同社が製造・販売している外用局所麻酔薬「」に関して、丸石製薬株式会社とコ・プロモーション契約を締結したことを発表した。

この契約に基づき、丸石製薬は9月1日より、丸石製薬MRが担当する病院の麻酔科を主な対象とし、佐藤製薬と共同してエムラクリームの医薬情報提供活動を行う予定。なお、佐藤製薬は引き続き皮膚科・形成外科を中心に全科に渡る医薬情報提供活動を行うと共に、製造、流通、販売を行う。

適応症拡大・追加で使用される場面が大幅に拡大

エムラクリームは、これまでの「皮膚レーザー照射療法時の疼痛緩和」に加え、2015年6月26日には「注射針・静脈留置針穿刺時の疼痛緩和」の適応症拡大と「小児の用法・用量」の追加を行っている。これにより、同製品が使用される場面は大幅に拡大したと考えられる。

両社は、今回のコ・プロモーションの合意によって、同製品の安全性や有効性に関する的確な情報提供を通じて、さまざまな診療科における多様な疾患の治療や検査における注射針および静脈留置針穿刺時の疼痛を軽減することにより、患者のQOLの向上に貢献していきたいとしている。

▼関連リンク
佐藤製薬株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • タグリッソ、切除不能・ステージIIIのEGFR陽性肺がんに対しPFSを有意に改善-英AZ
  • イミフィンジ、P3試験で「限局型小細胞肺がん」の死亡リスクを27%改善-英AZ
  • GNEミオパチー治療薬アセノベル、長期投与の安全性と有効性を確認-東北大ほか
  • アレセンサ、ALK陽性早期NSCLC術後補助療法として米FDAに続き欧州も承認-中外
  • 難治性悪性黒色腫に対する「PAI-1阻害薬」併用の有効性を確認-東北大