医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > スイス・ノバルティスの「ウルティブロ リーズヘラー」 「Seretide」に対する優越性示す

スイス・ノバルティスの「ウルティブロ リーズヘラー」 「Seretide」に対する優越性示す

読了時間:約 54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月18日 AM06:00

LANTERN試験の結果、欧州呼吸器学会で発表

スイス・ノバルティス社は現地時間9月7日、「(R)ブリーズヘラー(R)」が慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の増悪抑制、呼吸機能改善において、「Seretide(R)Accuhaler(R)」に対して優越性を示すデータを発表した。


画像はwikiメディアより引用

これは1日1回吸入の「ウルティブロ ブリーズヘラー」と、1日2回吸入の「Seretide(R)Accuhaler(R)」とを直接比較したLANTERN試験の結果。LANTERN試験は中等症から重症のCOPD患者を対象に行われ、結果については9月6~10日にドイツ・ミュンヘンで開催された「欧州呼吸器学会」で発表された。

Seretideに対し、非劣性および優越性を示す

LANTERN試験は過去1年間の増悪回数が1回以下と症状が安定している中等症から重症のCOPD患者を対象に、ウルティブロ50/110µgの、Seretide50/500µgに対する非劣性を比較・検討するために行われた。無作為、二重盲検、並行群間、26週間にわたる試験で、中国、アルゼンチン、チリ、台湾の56施設で実施された。

試験の結果、投薬26週間後の呼吸機能(トラフFEV1)について、主要評価項目においてウルティブロのSeretideに対する非劣性が示され、さらに優越性が認められたとしている。(小林 周)

▼外部リンク
ノバルティス ファーマ株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • リスジプラム、I型SMA対象P2/3試験で継続的な運動機能・生存率の改善-ロシュ
  • エドルミズ、悪性腫瘍におけるがん悪液質の治療薬として発売-小野薬品
  • 服部氏「パーキンソン病の重要なカギは腸内細菌」日本メドトロニック社セミナーで発言
  • COVID-19治療薬の使用「重症化する前が最適」 ギリアド社セミナーで三鴨氏
  • トミネルセン、顕性ハンチントン病対象P3試験で投与中止を決定-ロシュ