医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 佐藤製薬、カミツレとランの抽出液が光老化に高い抑制効果のあることを発見

佐藤製薬、カミツレとランの抽出液が光老化に高い抑制効果のあることを発見

読了時間:約 1分7秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月12日 PM02:00

長年の皮膚科学の研究でCMLに着目

佐藤製薬株式会社は6月3日、紫外線による光老化研究において、カミツレ抽出液とラン抽出液を併用することで、非常に高いCML(糖化最終産物カルボキシメチルリジン)生成抑制効果があることを確認したと発表した。この研究は、3月27日~30日に開催された日本薬学会第134年会で発表されており、現在特許出願中である。


画像はプレスリリースより

同社は、細胞を用いた独自の素材評価を行い、肌トラブルを改善する生薬や植物エキスを探索するなど、長年皮膚科学の研究を行ってきた。

30~50代の女性116名を対象として、2013年に同社が実施した肌調査結果などから、さまざまな肌トラブルの原因となっている光老化、特に糖酸化によって生成されるCMLに着目したという。

肌のくすみ、ハリ、弾力低下の原因となるCML

CMLは、肌への影響が大きいとされる糖酸化生成物のうち、生体内での生成量が特に多く、蓄積すると肌のくすみ、ハリ、弾力低下の原因となるもの。

紫外線によって肌の表皮・真皮で生成されたCMLは、皮膚内に蓄積。透明感のないくすんだ肌の原因となる。さらに、加齢により肌の抗酸化機能が低下している場合、より顕著に影響があらわれるとされている。

そこで同社は、細胞老化させた皮膚線維芽細胞を用いて実験。紫外線照射によるCML生成を抑制する効果がある素材の探索を進めた。その結果、カミツレ抽出液にCML生成抑制効果があり、さらにラン抽出液を併用することで、より高い生成抑制効果があることを見出したという。

今後はこれらの研究成果をもとに、CML生成抑制効果を応用したエイジングケア製品の開発を進めていく方針としている。(白井蓮)

▼外部リンク

佐藤製薬株式会社 プレスリリース
http://www.sato-seiyaku.co.jp/newsrelease/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 新規胃がん発生メカニズム解明、バナナ成分を含む治療薬開発の可能性-東大病院ほか
  • 皮膚筋炎に合併する間質性肺炎、治療標的候補としてIL-6を同定-東京医歯大ほか
  • HTLV-1ぶどう膜炎続発緑内障、早期ROCK阻害薬治療が有効な可能性-東京医歯大ほか
  • 働き世代では「血圧高め」の段階から脳・心血管疾患リスク増に-横浜市大ほか
  • 「怒り」を紙に書いて捨てる・裁断すると、気持ちが鎮まることを実証-名大