医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > ALSの新たな臨床スコアリングシステムを開発、臨床試験上の課題解決へ-九大

ALSの新たな臨床スコアリングシステムを開発、臨床試験上の課題解決へ-九大

読了時間:約 2分3秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年09月22日 AM09:32

ALSの経過は個人差が大きく、短期間の臨床試験で治療効果を証明するため工夫が必要

九州大学は9月20日、)の大規模な世界的データベース(the Pooled Resource Open-Access Clinical Trials database, PRO-ACT database)を用いて、さまざまな経過をとるALS患者の%努力肺活量の低下パターンをスコア化し、病状を評価するための新しい方法「」(Forced Vital Capacity Decline Pattern scale)を開発したと発表した。この研究は、同大病院ARO次世代医療センターの小早川優子助教、戸高浩司教授、同大大学院医学研究院神経内科学分野の磯部紀子教授、山﨑亮准教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Journal of the Neurological Sciences」に掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

ALSは、大脳および脊髄運動神経の進行性の変性により全身の筋力低下、嚥下・構音障害、呼吸不全をきたす難病。現在、症状の改善や根治を望める治療法はなく、新規治療法の開発が待ち望まれている。日本の患者数は約1万人とされている。

世界中の研究者や製薬企業が効果のある治療法の実現を目指して開発を行っているが、その多くが、新しい治療法を臨床現場に届けるための最終的段階である臨床試験で有効性が証明されず、開発が中止されてきた。ALSの経過は個人差が大きく、臨床試験のような短い期間に治療法の効果を証明するには、病状の評価方法や臨床試験への参加基準の見直し等の工夫が必要であることが指摘されている。

症例ごとにさまざまな速度で低下していく%FVCをパターン別にスコア化

研究グループは、ALSに対する臨床試験の課題を解決するために、病状を評価するための新しい方法の開発に取り組んだ。具体的には、「PRO-ACT database」に含まれる907症例の%努力肺活量のデータを解析し、症例ごとにさまざまな速度で低下していく%FVCをパターン別にスコア化し、「-DiP」を開発した。

1時点の「%FVC」と「発症からの期間」から評価が可能

FVC-DiPの特性を検討した結果、「FVC-DiPのスコアが大きいほど病気の進み具合が遅く、スコアが小さいほど病気の進み具合が速いこと」「同一患者では、自然経過中に%FVCが低下してもFVC-DiPスコアはほぼ一定の値をとること」が明らかになった。この特徴により、これまで数か月の経過で判断していた病気の進み具合を、1時点の「%FVC」と「発症からの期間」から評価することが可能となる。

ALSの特徴をふまえた臨床試験デザイン、治療開発に期待

FVC-DiPを用いることで、病気の進み具合に個人差が大きいALSの特徴をふまえた臨床試験をデザインすることが可能になる。さらに、1時点で病気の進み具合を評価できることから、治療効果がより期待できる早期の段階から臨床試験へ参加可能になることも予想される。「これまでの方法では証明できなかった治療効果を鋭敏に示すことが可能になり、患者の病状にあった新しい治療法の開発が進むことが期待される」と、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 日本人腸内のバクテリオファージ、大規模データから全貌を明らかに-早大ほか
  • 再生不良性貧血に対するiPS細胞由来血小板の自己輸血、1年経過で「問題なし」-京大ほか
  • 劇症型心筋炎の世界最大レジストリ構築、患者予後と関連因子を解明-奈良医大ほか
  • 口腔がん、増殖停止した細胞でケラチン結合因子が転移能の上昇に関与-東京医歯大ほか
  • 日本の消化器外科医による手術成績は男女で「同等」、NCD解析で-京大ほか