医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 「緑内障」の早期発見に寄与するスマホゲームアプリを開発-東北大ほか

「緑内障」の早期発見に寄与するスマホゲームアプリを開発-東北大ほか

読了時間:約 1分7秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年08月05日 AM11:00

自覚症状がないまま進行する緑内障を早期発見するには?

東北大学は8月3日、緑内障の早期発見に寄与できるスマートフォン用のゲームアプリ「METEOR BLASTER」を開発し、7月11日に日本で特許を取得したと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科神経・感覚器病態学講座眼科学分野のチームと株式会社仙台放送の共同研究グループによるもの。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

現在、日本人の中途失明原因の第1位は緑内障だが、初期にはほとんど自覚症状がなく、視野異常を感じて病院を受診する頃には、病状が進行してしまっていることが多いという課題がある。

一方、早期に発見できれば進行を抑える治療が可能であることから、研究グループは、緑内障の早期発見に寄与できる「METEOR BLASTER」を、仙台放送と共同開発した。

シューティングゲームに5分間取り組むだけで「」の状態を簡易判定

METEOR BLASTERは、宇宙空間を舞台に、画面中心に登場する隕石をレーザ砲で破壊しながら、宇宙空間のあちこちに登場する星(=白い光)を捉えるシューティング系のゲームで、片目ずつ計5分間取り組むだけで、ユーザーの「視野」の状態を簡易判定するもの。

画面中央部を注視している際に、画面外周部に表示されたオブジェクトへのユーザーの反応を評価することで、従来よりも容易かつ正確に視野に関する評価情報を得ることが可能だという。

「eスポーツによる目の健康促進」という観点で機能拡張を図り、社会実装を推進

今後は「eスポーツによる目の健康促進」という観点から、さらなる機能拡張を図るとともに、さまざまな業界・団体・企業等と連携しながら社会実装を進めていく、と研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 悪性高熱症、RyR1変異による熱産生暴走メカニズムを解明-阪大ほか
  • 食道がん、ゲノム情報+AIで術前化学療法の効果予測に成功-理研ほか
  • 卵巣がんにおける三次リンパ様構造形成メカニズムと予後への影響を解明-京大ほか
  • 妊婦の喫煙は妊娠高血圧症候群のリスク増、欧州と正反対の結果-成育医療センターほか
  • 急性赤白血病、ゲノム解析で4つのサブグループに分類し治療標的も発見-京大ほか