医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 【インフルエンザ流行レベルマップ第43週】定点当たり報告数増、新潟で注意報-感染研

【インフルエンザ流行レベルマップ第43週】定点当たり報告数増、新潟で注意報-感染研

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月01日 PM03:15

警報越えは沖縄2か所、注意報越えは新潟1か所

国立感染症研究所は11月1日、2019年第43週:10月21日~10月27日(10月30日現在)のインフルエンザ流行レベルマップと、それに対するコメントを、同研究所のウェブサイトに掲載した。


画像は感染研のウェブサイトより

2019年第43週の定点当たり報告数は0.80(患者報告数3,953)となり、前週の定点当たり報告数0.72より増加した。都道府県別では沖縄県(8.69)、宮崎県(1.83)、北海道(1.77)、新潟県(1.73)、鹿児島県(1.66)の順となっている。32都道府県で前週の報告数より増加がみられたが、1県で増減に変化なく、14府県で前週の報告数より減少がみられた。

定点医療機関からの報告をもとにした推計受診者数については、現在システムの調整を行っていることから、可能となった時点から情報提供を行う予定だという。

・注意報は、地域を管轄する保健所単位で発生する仕組みになっている。全国で警報レベルを超えている保健所地域は沖縄県の2か所、注意報レベルを超えている保健所地域は新潟県の1か所だった。

基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は66例で、前週(68例)より減少。23都道府県から報告があり、年齢別では年齢別では0歳(4例)、1~9歳(23例)、10代(5例)、20代(2例)、30代(3例)、50代(3例)、60代(1例)、70代(11例)、80歳以上(14例)だった。

国内のインフルエンザウイルスの検出状況は、直近の5週間(2019年第39~43週)ではAH1pdm09(91%)、AH3亜型(7%)、B型(2%)の順だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 脳マラリア発症に血液脳脊髄液関門の破綻が関連、マウス実験で判明-群馬大ほか
  • CMLの幹細胞の生存維持は、リゾリン脂質代謝酵素「Gdpd3」活性化が必須-広島大ほか
  • 抗甲状腺薬の副作用「無顆粒球症」のリスク因子となるHLAアレルを同定-遺伝研ほか
  • 糖尿病発症初期での運動は、miRNAの発現増加と心機能の改善をもたらす-オタゴ大ほか
  • 老化細胞を詳細に解析できるマウスを作製、肝・腎から除去でNASH改善-東大医科研