医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 事件・事故 > ラニチジン、クラスI自主回収新たに3社、自主回収は計11社に-PMDA

ラニチジン、クラスI自主回収新たに3社、自主回収は計11社に-PMDA

読了時間:約 41秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月07日 PM03:30

日医工はクラスIIからクラスIに変更

PMDAは10月4日、2019年度クラスI医薬品回収情報に、H2受容体拮抗薬(胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療薬)であるラニチジン製剤を販売する日本ジェネリック株式会社、株式会社陽進堂、日医工株式会社の3社とその製品を新たに掲載した。

自主回収の対象として新たに掲載された製品は、日本ジェネリック株式会社のラニチジン錠150 mg「JG」とラニチジン錠75 mg「JG」、株式会社陽進堂のラニチジン錠75mg「YD」とラニチジン錠150mg「YD」、日医工株式会社のラニチジン錠75mg「」とラニチジン錠150mg「」の計6製品。

日医工株式会社の2製品は、10月2日にクラスII自主回収情報が掲載されたが、今回のクラスI回収概要には「NDMAの混入のおそれが否定できないため、クラスIに変更した」と記載されている。

今回の追加掲載により、現在自主回収情報が掲載されているのは、クラスIが10社、クラスIIが1社の計11社となっている。(QLifePro編集部)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 事件・事故

  • 【ザンタック自主回収】クラスIに変更、患者からも回収開始-GSK
  • ラニチジン、クラスI自主回収新たに3社、自主回収は計11社に-PMDA
  • ラニチジン、発がん性物質NDMA検出でクラスI自主回収-PMDA
  • エカベトNa顆粒66.7%「サワイ」、アセタゾラミド混入の件で厚労省に原因報告-沢井
  • エカベトNa顆粒66.7%「サワイ」にアセタゾラミドが混入か-沢井