医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 新たな国際規格に対応した「シリンジポンプSS型3TCI」発売-テルモ

新たな国際規格に対応した「シリンジポンプSS型3TCI」発売-テルモ

読了時間:約 1分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月16日 AM11:45

テルフュージョンTCIポンプTE-37のリニューアル製品

テルモ株式会社は5月14日、「」を、5月16日付けで全国の医療機関に向け販売開始することを発表した。

TCI(Target Controlled Infusion)とは、シリンジポンプなどを用いて薬剤の投与速度をリアルタイムに調節することで、目標とする血中の薬物濃度を調節する方法。同製品は、テルモが2001年に発売した「テルフュージョンTCIポンプTE-371」のリニューアル製品にあたり、新しい国際規格に対応すると同時に、使いやすさと安全性に寄与する機能の充実を図った新製品である。


画像はリリースより

連続使用時間は約8時間と従来比4倍に

今回発売されるシリンジポンプSS型3TCIは、液晶画面が大型でカラー化され、内蔵バッテリーの連続使用時間は約8時間と従来比4倍となった。また、2012年からテルモが販売している輸液システム「スマートインフュージョンシステム」()を搭載している。

スマートインフュージョンシステムは、全機種共通のデザインと操作環境が特徴。多連ラックによる省スペース化と移動性の向上、AC電源と通信の一本化を実現している。同システムにより、薬剤量の設定間違い防止に役立つ薬剤ライブラリ機能や、無線LANにより自動麻酔記録システムや電子カルテなど、院内ITシステムと連携可能になる。なお、同製品の希望小売価格は52万円。同社は、2018年度にスマートポンプシリーズ全体で8億円の売上を目標としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 「FoundationOne CDxがんゲノムプロファイル」で業務提携-中外製薬とみらかHD
  • 世界初、ヒトiPS細胞由来の網膜色素上皮細胞シートの自動培養に成功-日立と理研
  • 胃酸発電で動作する錠剤サイズの「飲む体温計」、動物適用実験に成功-東北大
  • MR磁気センサで、心臓活動のリアルタイム計測に成功-TDKと東京医歯大
  • テラヘルツ波ケミカル顕微鏡で乳がん細胞の高感度検出に成功-岡山大ら