医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 前立腺がん治療剤イクスタンジ、錠剤40mg・80mgの追加承認取得-アステラス

前立腺がん治療剤イクスタンジ、錠剤40mg・80mgの追加承認取得-アステラス

読了時間:約 43秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月05日 PM12:45

カプセル40mgの剤形追加として

アステラス製薬株式会社は3月1日、経口アンドロゲン受容体シグナル伝達阻害薬「イクスタンジ(R)カプセル40mg」(一般名:)の剤形追加として承認申請を行っていた「イクスタンジ(R)錠40mg」「イクスタンジ(R)錠80mg」について、2月23日付けで、去勢抵抗性前立腺がんの効能・効果で日本における製造販売承認を取得したと発表した。

エンザルタミドは、2018年1月現在、世界70か国以上で販売されている。日本においては、去勢抵抗性前立腺がんの効能・効果で2014年5月にイクスタンジ カプセル40mgの発売を開始している。

小サイズで服用時の負担を軽減

今回承認を取得したイクスタンジ錠は、40mg、80mg共に、同カプセル40mgと比較してサイズが小さく、患者の服用時の負担を軽減することが期待される。また、80mg錠の場合は1回あたりの服薬数を低減することも可能だ。

アステラス製薬は、同錠を投入することにより、去勢抵抗性前立腺がん治療に一層貢献できることを期待するとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • レミブルチニブ、慢性特発性蕁麻疹対象P2b試験の結果を発表-スイス・ノバルティス
  • 人工関節置換術に用いる次世代型ロボット支援手術システム「CORI」を日本初導入-近大
  • KMW-1、日本人熱傷患者対象の国内P3試験結果を発表-科研
  • 「確定診断に20~30年かかるケースも」-ポルフィリン症で堀江氏が講演
  • エンスプリング、視神経脊髄炎スペクトラム障害P3試験で再発抑制を維持-中外