医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 前立腺がん治療剤イクスタンジ、錠剤40mg・80mgの追加承認取得-アステラス

前立腺がん治療剤イクスタンジ、錠剤40mg・80mgの追加承認取得-アステラス

読了時間:約 43秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月05日 PM12:45

カプセル40mgの剤形追加として

アステラス製薬株式会社は3月1日、経口アンドロゲン受容体シグナル伝達阻害薬「イクスタンジ(R)カプセル40mg」(一般名:)の剤形追加として承認申請を行っていた「イクスタンジ(R)錠40mg」「イクスタンジ(R)錠80mg」について、2月23日付けで、去勢抵抗性前立腺がんの効能・効果で日本における製造販売承認を取得したと発表した。

エンザルタミドは、2018年1月現在、世界70か国以上で販売されている。日本においては、去勢抵抗性前立腺がんの効能・効果で2014年5月にイクスタンジ カプセル40mgの発売を開始している。

小サイズで服用時の負担を軽減

今回承認を取得したイクスタンジ錠は、40mg、80mg共に、同カプセル40mgと比較してサイズが小さく、患者の服用時の負担を軽減することが期待される。また、80mg錠の場合は1回あたりの服薬数を低減することも可能だ。

アステラス製薬は、同錠を投入することにより、去勢抵抗性前立腺がん治療に一層貢献できることを期待するとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • ヒュミラ、壊疽性膿皮症に対する日本での希少疾病用医薬品の指定を取得-アッヴィ
  • 片頭痛の新たな急性期治療薬「REYVOW」、米国で承認-米リリー
  • RSウイルスの迅速測定キット「クイックナビ‐RSV2」を新発売ー大塚製薬
  • トルツ、中等症から重症の尋常性乾癬で有意に高い症状改善率を示す-米リリー
  • Nirsevimab、RSウイルス感染症予防評価試験を世界に先駆けて日本で開始-英AZら