医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 前立腺がん治療剤イクスタンジ、錠剤40mg・80mgの追加承認取得-アステラス

前立腺がん治療剤イクスタンジ、錠剤40mg・80mgの追加承認取得-アステラス

読了時間:約 43秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月05日 PM12:45

カプセル40mgの剤形追加として

アステラス製薬株式会社は3月1日、経口アンドロゲン受容体シグナル伝達阻害薬「イクスタンジ(R)カプセル40mg」(一般名:)の剤形追加として承認申請を行っていた「イクスタンジ(R)錠40mg」「イクスタンジ(R)錠80mg」について、2月23日付けで、去勢抵抗性前立腺がんの効能・効果で日本における製造販売承認を取得したと発表した。

エンザルタミドは、2018年1月現在、世界70か国以上で販売されている。日本においては、去勢抵抗性前立腺がんの効能・効果で2014年5月にイクスタンジ カプセル40mgの発売を開始している。

小サイズで服用時の負担を軽減

今回承認を取得したイクスタンジ錠は、40mg、80mg共に、同カプセル40mgと比較してサイズが小さく、患者の服用時の負担を軽減することが期待される。また、80mg錠の場合は1回あたりの服薬数を低減することも可能だ。

アステラス製薬は、同錠を投入することにより、去勢抵抗性前立腺がん治療に一層貢献できることを期待するとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 人工呼吸器関連肺炎予防の薬用液体歯みがきを開発・製品化-広島大ら
  • 日本初、卵巣がんにおけるBRCA遺伝子変異保有率に関する大規模調査を実施-AZ
  • XPOVIO、再発または難治性多発性骨髄腫治療薬としてFDAより承認取得-KPTI
  • 血友病A治療薬「ESPEROCT」、EUで承認-ノボ
  • 保険適用から1か月、がん遺伝子パネル検査の現状と課題は?