医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤vedolizumab、実臨床下のデータを発表-武田薬品

潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤vedolizumab、実臨床下のデータを発表-武田薬品

読了時間:約 1分17秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月19日 PM02:00

欧州消化器病学会週間のポスタープレゼンテーションにて

武田薬品工業株式会社は10月17日、中等度から重度の活動期潰瘍性大腸炎・クローン病に対する実臨床下でのvedolizumabの有効性および安全性に関するデータを発表した。この内容は、オーストリアのウィーンで10月16~19日に開催されている欧州消化器病学会週間において、「成人の潰瘍性大腸炎・クローン病患者に対するvedolizumabの実臨床下での有効性および安全性の系統的論文レビュー」という演題名にてポスタープレゼンテーションされた。

今回のポスタープレゼンテーションは、2016年4月までに掲載された51の独立した観察研究に関する論文のレビュー結果で、vedolizumabによる治療を受けた5,775人の患者を対象としており、そのうち大多数が前治療の抗TNFα抗体に対して抵抗性の患者だった。

顕著な寛解率、疾患活動性スコアの減少、粘膜治癒示す

さまざまな定義により評価された14週時点における臨床的寛解率は、潰瘍性大腸炎患者で24~55%(6試験)、クローン病患者で14~38%(7試験)。安全性に関しては、中等度から重度の活動期潰瘍性大腸炎・クローン病患者を対象とした従来のvedolizumabの臨床試験結果と同様だった。vedolizumabの治療による顕著な寛解率、疾患活動性スコアの減少、粘膜治癒が示されたとしている。

また、同学会では、実臨床下におけるinfliximabとの比較データも発表された。マッチング、多施設共同、後ろ向きの観察研究において、初めて生物学的製剤による治療を受けた中等度から重度の活動期潰瘍性大腸炎・クローン病患者では、vedolizumab群はinfliximab群と比較して入院の頻度が低いことが示されるとともに(炎症性腸疾患関連の入院数の平均値:vedolizumab投与群0.11に対しinfliximab投与群0.29、P=0.048)、治療中止の割合が低い可能性も示唆された(ハザード値:0.86、95%信頼区間0.63-1.16)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • デュピクセント、コントロール不良中等~重症ぜんそく小児対象P3試験で重度発作を有意に低減-仏サノフィ
  • 成人HIV-1感染症患者へのIslatravirとドラビリン併用後期P2試験96週時データ、MK-8507のP1試験結果を発表-米Merck
  • タグリッソ、早期EGFRm NSCLC術後補助療法として中枢神経での再発リスク82%低減-英AZ
  • 抗精神病薬「エビリファイ持続性水懸筋注用」、効能追加の承認取得-大塚製薬
  • 再発または難治性の多発性骨髄腫の治療薬「サークリサ」発売-サノフィ