医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 第一三共とUMNファーマ ノロウイルスワクチン開発を目指し共同研究

第一三共とUMNファーマ ノロウイルスワクチン開発を目指し共同研究

読了時間:約 1分18秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年02月25日 PM12:15

開発優先度の高いノロウイルスワクチンに関し、共同研究契約の締結を発表

第一三共株式会社と株式会社UMNファーマは2月14日、ノロウイルスワクチンの共同研究契約を締結したと発表した。昨年12月の厚生科学審議会「予防接種・ワクチン分科会」において、開発優先度の高いワクチンのひとつに選定されたノロウイルスワクチンの開発を目指すという。

感染性胃腸炎の主要な原因ウイルスであるノロウイルスは昨今、国内外における感染報告が増加している。全世界では、毎年約20万人がなくなるといわれるほか、先進国では死亡に至るケースは少ないものの、その医療経済的損失は甚大であるとされる。院内感染などの報告も少なくなく、ワクチンによる予防のニーズは高い。しかしながら、現段階では上市されている予防ワクチンは存在せず、早期の開発が望まれるところだ。

(画像はwikiメディアより引用)

基礎共同研究を実施の上、本格的な開発協議へと進める予定

今回締結した契約に基づき、UMNファーマでは、同社がもつ独自の製造プラットフォームである、バキュロウイルスに目的遺伝子を組み込み、昆虫細胞に感染させて目的タンパクを製造するBaculovirus Expression Vector System(BEVS)を活かし、組換えノロウイルスVLP抗原を作製、第一三共に提供する。

一方の第一三共は、このVLP抗原の提供を受け、新規投与デバイスを用いたノロウイルスワクチンの開発可能性を確認することを目的に、基礎研究を行うとしている。

こうした基礎的な共同研究の結果、一定の評価基準を満たしたと判断された場合、新規予防ワクチンの開発に向け、本格的な協議を開始する予定という。なお、UMNファーマはこの契約期間中、第一三共に対しノロウイルスVLP抗原を独占的に供給するとともに、さらなる提携について独占的な交渉権を与えるとされている。(紫音 裕)

▼外部リンク

第一三共株式会社 ニュースリリース
http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/

株式会社UMNファーマ 発表資料
http://ir.umnpharma.com/ja/irnews/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 腸内細菌由来「D-アミノ酸」の代謝が宿主の腸管免疫を制御-慶大ほか
  • 新生児の経皮ビリルビン値/SpO2/脈拍を経時計測できるデバイスを開発-横国大ほか
  • 脳腫瘍手術後の「感情認識能力低下」と「内受容感覚低下」に関連性-慶大ほか
  • SNS利用と心の健康の関係、LINEは良好な一方Twitterは負の関連-都長寿研
  • 大規模国際共同研究で、開放隅角緑内障に関連する127の遺伝的座位を同定-東北大ほか