医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > L.カゼイ・シロタ株に乳がん発症リスク低減効果

L.カゼイ・シロタ株に乳がん発症リスク低減効果

読了時間:約 57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年07月25日 PM02:43

大豆イソフラボン摂取の効果も

株式会社ヤクルト本社は7月18日、乳酸菌「ラクトバチルス カゼイ シロタ株(L.カゼイ・シロタ株)」を習慣的な摂取が乳がん発症リスクを低減させることに効果的であるという研究成果を発表した。また大豆イソフラボンの摂取が相乗的な効果を示すことも示された。

(この画像はイメージです)

研究は国内14の病院から選定した40~55歳の女性の初期乳がん患者306名と、乳がん患者1名に対して年齢・居住地域が似ている乳がん非罹患者2名を選定した662名について、過去の生活習慣を調べるケース・コントロール研究によって行われた。

その結果、L.カゼイ・シロタ株の摂取頻度が「週に4回未満」としたほうの乳がん発症を1とすると、摂取頻度が「週に4回以上」としたほうの乳がん発症リスクは0.65という数値になった。

「大変意義あること」とのコメント

ヤクルト本社にとってのこの研究の意義として発表記事では

「L.カゼイ・シロタ株は、これまでに表在性膀胱がんの再発予防効果や大腸がん発症リスクの低減など、がん予防に対して有用であることが種々の臨床試験で明らかにされてきました。今回、疫学研究で乳がん予防の面でもL.カゼイ・シロタ株が役立つ可能性が示されたことは大変意義あることです。」(ヤクルト本社発表記事より引用)

という中央研究所長・石川文保氏のコメントを掲載している。(小林 周)

▼外部リンク

株式会社ヤクルト本社 発表記事
http://www.yakult.co.jp/news/file.php?type=release&id

このエントリーをはてなブックマークに追加
TimeLine: ,
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 神経再生治療、「末梢神経に直接巻く」新規ナノファイバーシートの治験開始-阪大ほか
  • 緑内障治療薬開発のため、カルパインの生体内イメージングシステム開発-東北大ほか
  • 複合性局所疼痛症候群、影絵を用いた介入でアロディニア軽減し歩行改善-畿央大ほか
  • 膀胱がんの筋層浸潤診断法VI-RADS、次世代高分解能MRIを用いた前向き検証で高い精度を確認-杏林大
  • iPS細胞由来ミニ肝臓を培養するための分化誘導用サプリメント開発に成功-横浜市大ほか