国内外の最新医療情報を発信!QLifePro医療ニュース
  • 医療
  • 論文抄録
  • 海外
  • 医薬品
  • テクノロジー
  • 事件・事故
  • 行政・経営
  • 健康小町
  • プレミアム
  • Q
    医療ニュース TOP > NEWS > 事件・事故 > 空間除菌は可能なのか?、指摘される二酸化塩素の危険性

    空間除菌は可能なのか?、指摘される二酸化塩素の危険性

    読了時間:約 2分9秒  2013年02月20日 PM05:13

    空間除菌は可能なのか?、指摘される二酸化塩素の危険性

    インフルエンザやノロウイルスの流行を受けて、二酸化塩素を使用した空間除菌グッズが注目を集めている。特に首に掛けるだけの携帯用タイプは外に出かけるときにも手軽に使用できるうえに、プロスポーツ選手や芸能人も使用しているということもあり、飛ぶように売れている。

    二酸化塩素は強い酸化力を持ち、プールの水の殺菌に使用されるなど、除菌や消臭効果はあるものの、特に携帯タイプの場合、使用環境が大きく異なるなかでインフルエンザやノロウイルス予防としてどれほどの効果があるのかは、明らかになっていないのが現状だ。

    独立行政法人国民生活センターの資料によると、二酸化塩素による部屋等の除菌をうたった商品は、二酸化塩素の拡散度合いが商品によって大きくことなり、なかには二酸化塩素の放出がほとんど確認できないものも存在する。

    事業者へのアンケート調査においても、ほとんどの事業者が効果を確認していないという結果になっている。

    子どもは特に注意。健康にも悪影響の可能性

    二酸化塩素による健康への悪影響も指摘されている。高濃度の塩素系ガスを直接吸い込むと、粘膜を刺激し、気管支炎や喘息を引き起こす可能性がある。国民生活センターにも、塩素系除菌グッズの安全性に関する問い合わせが寄せられている。

    塩素系ガスの吸入による身体的影響に関するデータは少ないのが現状であり、子どもが使用する際には特に注意が必要だ。事業社によっては、乳幼児の近くでは使用を避けるべきだとしている。

    また、二酸化塩素は日本国内においては殺菌剤としての認可を得ていないうえに、有効性が判明していないなかで、新型インフルエンザ対策やノロウイルスなどの感染症予防をうたうなど、薬事法に抵触すると考えられる商品も存在する。(大沢雅子)

    ▼外部リンク

    独立行政法人国民生活センターホームページ
    http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20101111_1.pdf

    このニュースを見ている人は、こちらのニュースも見ています

      サノフィがアレルギー性疾患治療薬ディレグラ配合錠を新発売 - QLifePro医療ニュース

    サノフィがアレルギー性疾患治療薬ディレグラ配合錠を新発売 - QLifePro医療ニュース

    2013年2月28日発売サノフィ株式会社(以下、サノフィ)は、本日アレルギー性疾患治療薬「ディレグラ(R)配合錠」(一般名:フェキソフェナジン塩酸塩/塩酸プソイドエフェドリン、以下、ディレグラ配合錠)を発売したことを発表した。(この画像はイ....

      グラクソ・スミスクライン、アレルギー専用鼻炎薬「コンタック®鼻炎Z」新発売 - QLifePro医療ニュース

    グラクソ・スミスクライン、アレルギー専用鼻炎薬「コンタック®鼻炎Z」新発売 - QLifePro医療ニュース

    スイッチOTCスイッチOTCとは、これまで処方箋がなければ入手できなかった医療用医薬品を一般用医薬品に転換(スイッチ)したものである。厚生労働省による承認の条件は、「安全性が高く、効果に実績があって使い方が分かりやすいこと」である。1985....

      エスタブリッシュ医薬品発売 - QLifePro医療ニュース

    エスタブリッシュ医薬品発売 - QLifePro医療ニュース

    ファイザーのエスタブリッシュ医薬品エスタブリッシュ医薬品とは、ファイザーが2009年に提唱した、医療の現場で広く長く使われてきた実績があり特許が切れた医薬品(長期収載品と後発医薬品)のことである。5品目追加ファイザーでは、ピオグリタゾン錠1....

      コレステロール改善の3成分と血管ケアの2成分を追加「ローカスタ」の新製品発売 - QLifePro医療ニュース

    コレステロール改善の3成分と血管ケアの2成分を追加「ローカスタ」の新製品発売 - QLifePro医療ニュース

    第3類医薬品として新発売日本人のコレステロール管理の調査で、脂質異常症の患者の約59%が高血圧症を合併しているという実態がある(出典:Teramoto T. et al.: Current Therapeutic Research 2005....

      厚労省イブプロフェン含有製剤のリスク区分を変更 - QLifePro医療ニュース

    厚労省イブプロフェン含有製剤のリスク区分を変更 - QLifePro医療ニュース

    分類変更イブプロフェン含有製剤は、使用上の注意改訂で「出産予定日12週以内の妊婦」が禁忌となった。アスピリンは、指定第2類医薬品に分類されていることから、薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会は、イブプロフェンも指定第2類医薬品に変更する....

    このニュースを見ている人は、こちらの医薬品を調べています

    サリチル酸原末「マルイシ」 - 添付文書Pro Online

    サリチル酸原末「マルイシ」 - 添付文書Pro Online

    サリチル酸原末「マルイシ」は丸石製薬株式会社の医薬品で薬価は1g 2.74円です。インタビューフォームも掲載しています。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです.

     

    同じカテゴリーの記事 事件・事故

  • ノバルティス ファーマ「ボルタレン」への金属混入 2件目を千葉で確認
  • ノバルティス ファーマ「ボルタレン」坐薬に針状金属が混入 人為的混入と届出
  • 処方クリームに細菌性など皮膚感染症使用禁忌のステロイドが混入
  • 国立成育センター病院 血液幹細胞を別人に移植
  • 日本高血圧学会 総会でディオバン問題について説明
  • QLife医療ニュースは国内外の様々な医療ニュースをキュレーターがセレクトし、お伝えするニュースサイトです。
    今日、医療者として知っておくべき医療ニュースをコンパクトにお届けします。