医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 事件・事故 > 空間除菌は可能なのか?、指摘される二酸化塩素の危険性

空間除菌は可能なのか?、指摘される二酸化塩素の危険性

読了時間:約 1分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年02月20日 PM05:13

空間除菌は可能なのか?、指摘される二酸化塩素の危険性

インフルエンザやノロウイルスの流行を受けて、二酸化塩素を使用した空間除菌グッズが注目を集めている。特に首に掛けるだけの携帯用タイプは外に出かけるときにも手軽に使用できるうえに、プロスポーツ選手や芸能人も使用しているということもあり、飛ぶように売れている。

二酸化塩素は強い酸化力を持ち、プールの水の殺菌に使用されるなど、除菌や消臭効果はあるものの、特に携帯タイプの場合、使用環境が大きく異なるなかでインフルエンザやノロウイルス予防としてどれほどの効果があるのかは、明らかになっていないのが現状だ。

独立行政法人国民生活センターの資料によると、二酸化塩素による部屋等の除菌をうたった商品は、二酸化塩素の拡散度合いが商品によって大きくことなり、なかには二酸化塩素の放出がほとんど確認できないものも存在する。

事業者へのアンケート調査においても、ほとんどの事業者が効果を確認していないという結果になっている。

子どもは特に注意。健康にも悪影響の可能性

二酸化塩素による健康への悪影響も指摘されている。高濃度の塩素系ガスを直接吸い込むと、粘膜を刺激し、気管支炎や喘息を引き起こす可能性がある。国民生活センターにも、塩素系除菌グッズの安全性に関する問い合わせが寄せられている。

塩素系ガスの吸入による身体的影響に関するデータは少ないのが現状であり、子どもが使用する際には特に注意が必要だ。事業社によっては、乳幼児の近くでは使用を避けるべきだとしている。

また、二酸化塩素は日本国内においては殺菌剤としての認可を得ていないうえに、有効性が判明していないなかで、新型インフルエンザ対策やノロウイルスなどの感染症予防をうたうなど、薬事法に抵触すると考えられる商品も存在する。(大沢雅子)

▼外部リンク

独立行政法人国民生活センターホームページ
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20101111_1.pdf

このエントリーをはてなブックマークに追加

このニュースを見ている人は、こちらのニュースも見ています






森永乳業 ノロウイルスに関する実態調査を実施 - QLifePro 医療ニュース

森永乳業 ノロウイルスに関する実態調査を実施 - QLifePro 医療ニュース

ノロウイルスに関する実態と予防のための意識を調査森永乳業株式会社は11月6日、ノロウイルスに関する実態調査を行った結果を発表した。同社は、乳由来のたんぱく質であるラクトフェリンに関する研究において、2013年で50年を迎える実績がある。






【ノロウイルス】乳酸菌で感染予防対策 - QLifePro 医療ニュース

【ノロウイルス】乳酸菌で感染予防対策 - QLifePro 医療ニュース

からだの中から感染予防重篤な感染性胃腸炎を引き起こすウイルスのひとつノロウイルス。2006年以降、ほぼ毎年冬に流行を続けており、今年も11月中旬以降、全国的に流行拡大、猛威をふるっている。






ノロウイルス感染か 米政府、韓国産牡蠣を市場から撤廃するように勧告 - QLifePro 医療ニュース

ノロウイルス感染か 米政府、韓国産牡蠣を市場から撤廃するように勧告 - QLifePro 医療ニュース

韓国産の貝にストップ! アメリカ政府アメリカの政府機関である食品医薬品局(FDA)は、レストランや食品メーカーに韓国からの生、冷凍、缶入りの牡蠣、あさり、ムラサキ貝の販売をやめるように勧告した。牡蠣などの食品、ノロウイルスに感染これらの食品、加工食品は人の排泄物からのノロウイルス汚染の可能性があると、食品・薬品管理局FDAが発表した。






冬に感染力増大、ノロウイルス集団感染 - QLifePro 医療ニュース

冬に感染力増大、ノロウイルス集団感染 - QLifePro 医療ニュース

ノロウイルスノロウイルスは1972年に電子顕微鏡による観察でその形態が明らかになった比較的新しく発見されたウイルスで、乳幼児から高齢者に至る広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こす。特に、11月から3月の冬季に多発することで知られる。






ノロ集団感染は、病院の認識不足で拡大か―宮崎・日南 - QLifePro 医療ニュース

ノロ集団感染は、病院の認識不足で拡大か―宮崎・日南 - QLifePro 医療ニュース

後手に回る病院の対応宮崎県日南市の医療法人春光会東病院で、ノロウイルスと見られる集団感染が発生し、6人が死亡した。病院で最初に患者が死亡したのは、12月14日。

このニュースを見ている人は、こちらの医薬品を調べています

「純生」タンナルビン - 添付文書Pro Online

「純生」タンナルビン - 添付文書Pro Online

「純生」タンナルビンは純生薬品工業株式会社の医薬品で薬価は1g 7.2円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

「純生」タンナルビン - 添付文書Pro Online

「純生」タンナルビン - 添付文書Pro Online

「純生」タンナルビンは純生薬品工業株式会社の医薬品で薬価は1g 7.2円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

フェロベリン配合錠 - 添付文書Pro Online

フェロベリン配合錠 - 添付文書Pro Online

フェロベリン配合錠はMSD株式会社の医薬品で薬価は1錠 7.7円です。添付文書Pro Onlineは、製剤写真から疾患別処方ランキングまで揃った全ての医療者のための無料ツールです

 

同じカテゴリーの記事 事件・事故

  • ノバルティス 業務停止期間は3月5~19日の15日間
  • 健康食品から劇薬指定成分「ヨヒンビン」を検出-厚労省
  • がん体外診断用医薬品 ルミパルスT-439「NK」の一部製品を自主回収
  • 抗てんかん薬、双極性障害治療薬「ラミクタール錠」でブルーレター発出
  • 理研、STAP現象の検証を終了 小保方氏は退職へ「このような結果で大変困惑」