国内外の最新医療情報を発信!QLifePro医療ニュース
  • 医療
  • 論文抄録
  • 海外
  • 医薬品
  • テクノロジー
  • 事件・事故
  • 行政・経営
  • 健康小町
  • プレミアム
  • Q
    医療ニュース TOP > NEWS > 事件・事故 > 空間除菌は可能なのか?、指摘される二酸化塩素の危険性

    空間除菌は可能なのか?、指摘される二酸化塩素の危険性

    読了時間:約 2分9秒  2013年02月20日 PM05:13

    空間除菌は可能なのか?、指摘される二酸化塩素の危険性

    インフルエンザやノロウイルスの流行を受けて、二酸化塩素を使用した空間除菌グッズが注目を集めている。特に首に掛けるだけの携帯用タイプは外に出かけるときにも手軽に使用できるうえに、プロスポーツ選手や芸能人も使用しているということもあり、飛ぶように売れている。

    二酸化塩素は強い酸化力を持ち、プールの水の殺菌に使用されるなど、除菌や消臭効果はあるものの、特に携帯タイプの場合、使用環境が大きく異なるなかでインフルエンザやノロウイルス予防としてどれほどの効果があるのかは、明らかになっていないのが現状だ。

    独立行政法人国民生活センターの資料によると、二酸化塩素による部屋等の除菌をうたった商品は、二酸化塩素の拡散度合いが商品によって大きくことなり、なかには二酸化塩素の放出がほとんど確認できないものも存在する。

    事業者へのアンケート調査においても、ほとんどの事業者が効果を確認していないという結果になっている。

    子どもは特に注意。健康にも悪影響の可能性

    二酸化塩素による健康への悪影響も指摘されている。高濃度の塩素系ガスを直接吸い込むと、粘膜を刺激し、気管支炎や喘息を引き起こす可能性がある。国民生活センターにも、塩素系除菌グッズの安全性に関する問い合わせが寄せられている。

    塩素系ガスの吸入による身体的影響に関するデータは少ないのが現状であり、子どもが使用する際には特に注意が必要だ。事業社によっては、乳幼児の近くでは使用を避けるべきだとしている。

    また、二酸化塩素は日本国内においては殺菌剤としての認可を得ていないうえに、有効性が判明していないなかで、新型インフルエンザ対策やノロウイルスなどの感染症予防をうたうなど、薬事法に抵触すると考えられる商品も存在する。(大沢雅子)

    ▼外部リンク

    独立行政法人国民生活センターホームページ
    http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20101111_1.pdf

    このニュースを見ている人は、こちらのニュースも見ています

      京大CiRA 体細胞の初期化過程でRNAスプライシングパターンも変化することを解明 - QLifePro医療ニュース

    京大CiRA 体細胞の初期化過程でRNAスプライシングパターンも変化することを解明 - QLifePro医療ニュース

    RNAを切り貼りするスプライシングパターンもiPS細胞過程で初期化京都大学CiRA/京都大学大学院生命科学研究科の太田翔大学院生、京都大学CiRA/京都大学iCeMS山本拓也助教らの研究グループは、10月18日、大規模な遺伝子解析によって、....

      東大医科研チーム 造血幹細胞の新分化経路を発見 - QLifePro医療ニュース

    東大医科研チーム 造血幹細胞の新分化経路を発見 - QLifePro医療ニュース

    血液細胞の産生に関する詳細メカニズムを解明東京大学医科学研究所附属幹細胞治療分野の中内啓光教授、山本玲特任研究員らのグループが、赤血球や血小板、顆粒球、Bリンパ球、Tリンパ球といった血液細胞の分化モデルについて、従来の学説を覆す新モデルを発....

      京大CiRA iPS/ES細胞を中間中胚葉へ効率よく分化させる物質を同定 - QLifePro医療ニュース

    京大CiRA iPS/ES細胞を中間中胚葉へ効率よく分化させる物質を同定 - QLifePro医療ニュース

    ヒトiPS/ES細胞から高効率で分化させる化合物を発見京都大学iPS細胞研究所CiRAは1月17日、荒岡利和研究員(京都大学CiRA)、長船健二准教授(京都大学CiRA、JSTさきがけ)らの研究グループが、大規模なスクリーニング系を用いてヒ....

      金沢医科大 内因性抗線維化ペプチドAcSDKPが糖尿病における腎線維化などを抑制することを発見 - QLifePro医療ニュース

    金沢医科大 内因性抗線維化ペプチドAcSDKPが糖尿病における腎線維化などを抑制することを発見 - QLifePro医療ニュース

    金沢医科大学の研究グループが発表金沢医科大学糖尿病・内分泌内科学永井貴子医員らによる研究グループは、内因性抗線維化ペプチドN-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline(AcSDKP)が、糖尿病における腎線維化と....

      神戸大ら、骨細胞による免疫や脂肪の制御メカニズムを発見 - QLifePro医療ニュース

    神戸大ら、骨細胞による免疫や脂肪の制御メカニズムを発見 - QLifePro医療ニュース

    世界で初めて動物で実証神戸大学医学部附属病院・血液内科の片山義雄講師(JSTさきがけ研究者兼任)と北海道大学大学院歯学研究科・口腔先端融合科学分野の佐藤真理助教らの共同研究グループは、骨細胞が骨髄と胸腺の環境整備とともに、脂肪細胞や肝臓にお....

     

    同じカテゴリーの記事 事件・事故

  • ノバルティス ファーマ「ボルタレン」への金属混入 2件目を千葉で確認
  • ノバルティス ファーマ「ボルタレン」坐薬に針状金属が混入 人為的混入と届出
  • 処方クリームに細菌性など皮膚感染症使用禁忌のステロイドが混入
  • 国立成育センター病院 血液幹細胞を別人に移植
  • 日本高血圧学会 総会でディオバン問題について説明
  • QLife医療ニュースは国内外の様々な医療ニュースをキュレーターがセレクトし、お伝えするニュースサイトです。
    今日、医療者として知っておくべき医療ニュースをコンパクトにお届けします。