医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【緩和医療薬学会年会】在宅緩和24時間対応に壁-対応可能薬局リスト化を

【緩和医療薬学会年会】在宅緩和24時間対応に壁-対応可能薬局リスト化を

読了時間:約 1分55秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年05月29日 AM10:36

地域の薬局に在宅緩和医療の担い手としての役割が求められる中、夜間・休日も含めた24時間365日対応の医療用麻薬などの医薬品提供体制には大きな課題があることが、25~26の両日に都内で開かれた日本緩和医療薬学会年会で指摘された。「夜間・休日、緊急時に対応可能」と標榜している薬局と連絡が取れずに医薬品を求め、薬局探しに奔走する患者も少なくなく、演者からは地域で連携の仕組みを作り、本当に対応できる薬局のリスト化を求める声もあった。

2022年に都内で在宅医療に特化した「メディプレイス365訪問薬局」を開局した佐々木健氏は、24時間365日対応の厳しさを訴えた。厚生労働省が実施した調査では「約7割の薬局が夜間・休日の体制を整えている」との結果が公表されているが、佐々木氏によると「夜間・休日対応可の薬局と連絡がつかず、緊急連絡先にも電話したが連絡がつかなかった」など対応依頼の問い合わせが入ってくるという。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【市民団体が調査】緊急避妊薬購入は15%のみ-希望価格は「2000円未満」
  • 【厚労科研報告書】在宅実施薬局は届出の6割-訪問指導増加も応需と差
  • 【厚労省】小児薬開発は努力義務化-条件付承認制度の拡大も
  • 【厚労省】調剤済処方箋、有償で保存-全国薬局対象に受付開始
  • 【厚労省】指針準拠サービス公表-電子お薬手帳の事業者