医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【住友ファーマ】27年度売上100億円目指す-再生・細胞医薬事業

【住友ファーマ】27年度売上100億円目指す-再生・細胞医薬事業

読了時間:約 1分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年03月01日 AM10:49

住友ファーマは、次世代の成長領域と位置づける再生・細胞医薬事業について2027年度に売上100億円以上を目指す。目標達成に向け中枢神経、眼科、希少疾患で、日本と北米で2製品以上の上市、開発品で5品目以上を確保する方針だ。

中期的な売上の中核として、パーキンソン病を対象とした他家iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞「DSP-1083」の国内や北米での売上を見込む。ほか小児先天性無胸腺症を治療する他家培養胸腺組織「」の北米や欧州での伸び、再生・細胞医薬の製造受託の拡大に期待する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】心筋炎既往歴「慎重に」-コロナワクチンで周知
  • 【政府構想会議】エコシステムの構築を明記-創薬力向上へ論点整理案
  • 【医療機能評価機構】輸液を末梢静脈から誤投与-「中心静脈から」周知促す
  • 【公明党/立憲民主党】GMP認証の義務化求める-機能性表示食品で提言
  • 【厚労省】在宅訪問の駐車許可緩和-緊急時申請負担も軽減