医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > バセドウ病、放射性ヨウ素内用療法前の厳格なヨウ素制限は必要でない可能性-名大ほか

バセドウ病、放射性ヨウ素内用療法前の厳格なヨウ素制限は必要でない可能性-名大ほか

読了時間:約 1分27秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年03月01日 AM09:30

ヨウ素摂取量多い地域の患者185人対象に後ろ向き研究、前処置の必要性は?

名古屋大学は2月26日、バセドウ病に対して131I放射性ヨウ素内用療法施行時のヨウ素制限があまり重要でない可能性があることを新たに発見したと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科の加藤克彦教授、田村美香博士後期課程学生ら、北光記念病院放射線科の研究グループによるもの。研究成果は、「European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging」オンライン版に掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

バセドウ病は、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気で、甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンが多くなりすぎることにより、体重減少や脈が速くなる頻脈など全身にさまざまな症状が現れる。その治療の一つである131I放射性ヨウ素内用療法では、放射性ヨウ素を効率よく甲状腺に取り込ませるため、治療の前にヨウ素摂取の制限を行う。治療に使われる131I放射性ヨウ素は、放射性でないヨウ素と同様の機序で甲状腺に取り込まれる。そこで放射線(べータ線)が作用して甲状腺の細胞を壊し、甲状腺ホルモンの量を減らす。

今回の研究では、ヨウ素摂取量が多い地域の愛知県と北海道におけるバセドウ病患者185人を対象に、後ろ向き研究を行った。抗甲状腺薬またはヨウ化カリウムによる前治療に基づき4つのグループに分類(愛知県の抗甲状腺剤だけを投与されたグループ、愛知県の抗甲状腺剤とヨウ化カリウムを投与されたグループ、北海道の抗甲状腺剤だけを投与されたグループ、北海道の抗甲状腺剤とヨウ化カリウムを投与されたグループ)。131I放射性ヨウ素内用療法前のヨウ素制限の期間、24時間ヨウ素摂取率、尿中ヨウ素濃度と131I放射性ヨウ素内用療法の成功率の関連を調べた。

ヨウ素制限で尿中ヨウ素濃度減を達成も、治療時の尿中ヨウ素濃度と成功率の関連なし

研究の結果、ヨウ素制限により、尿中ヨウ素濃度の十分な減少が達成されたが、治療時の尿中ヨウ素濃度と成功率の関連はなかった。

同研究成果により、バセドウ病に対して131I放射性ヨウ素内用療法を施行する場合、治療前のヨウ素制限ではあまり厳格な制限は必要でない可能性があることが示唆された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 「怒り」を紙に書いて捨てる・裁断すると、気持ちが鎮まることを実証-名大
  • 脊髄小脳失調症1型、バイオマーカーにつながる最初期の病態を解明-東京医歯大ほか
  • 認知症に特化したACP実践に向け専門家調査・国際提言発表-東北大ほか
  • 介護状況評価質問票CRA-J「短縮版」を開発、簡易に実施可能に-長寿研ほか
  • 肺がん術後再発の予測指標候補として「PD-L1腫瘍内不均一性」を発見-国がん