医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 神経障害性疼痛のアロディニア、概日時計の変調で発症抑制-九大

神経障害性疼痛のアロディニア、概日時計の変調で発症抑制-九大

読了時間:約 1分44秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年02月01日 AM09:00

時計遺伝子の機能と神経障害性疼痛アロディニアの関連は?

九州大学は1月29日、概日時計の変調が、神経損傷によって生じる慢性的な痛み()を緩和する仕組みを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院薬学研究院の大戸茂弘教授、小柳悟教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「PNAS Nexus」にオンライン掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

多くの生物は、地球の自転に伴う外部環境の周期的な変化に対応するため、自律的にリズムを発振する機能(概日時計)を備えている。概日時計の機能は「」によって制御され、睡眠・覚醒のサイクルやホルモン分泌などに24時間周期のリズムが生じるが、このような仕組みは病気の発症や症状にも時刻による変動を引き起こす。

一方、神経障害性疼痛は末梢神経のダメージで発症する慢性的な痛みで、衣服が肌に触れるような軽い触刺激でも激しい痛みを引き起こす「アロディニア」を特徴とする。これまでに同研究グループは、概日時計によって神経障害性疼痛の症状が時刻によって変動することを見出していた。しかし、時計遺伝子の機能とアロディニアとの関連性は明らかになっていなかった。

時計遺伝子機能不全マウス、末梢神経ダメージでも神経障害性疼痛発症せず

今回、研究グループは概日時計の働きが慢性的に変調したマウス(時計遺伝子の機能不全マウス)では、末梢神経がダメージを受けても神経障害性疼痛が発症しないことを見出した。

野生型マウスの脊髄では、時計遺伝子の働きによってアドレナリン受容体を介したエンドカンナビノイドの産生が低く抑えられており、末梢神経が損傷を受けるとアロディニアが発症。一方、時計遺伝子の機能不全マウスは、アドレナリン受容体に対する抑制が働かず、エンドカンナビノイドの産生が増加した。エンドカンナビノイドは、生体内で産生されるカンナビノイド受容体のリガンドの総称であり、主要なものとしてanandamideと2-arachidonoylglycerol(2-AG)がある。

概日時計の変調で産生増加のエンドカンナビノイド、アロディニア発症を抑制

産生されたエンドカンナビノイドはカンナビノイド受容体を介して、末梢神経の損傷によるアロディニアの発症を抑制することを確認した。すなわち、概日時計の変調によって産生が増加したエンドカンナビノイドが、末梢神経の損傷によるアロディニアの発症を抑制していることを突き止めた。

概日時計で制御の神経障害性疼痛緩和の仕組み、新薬創製などに期待

これらの知見は、生体内に概日時計によって制御される神経障害性疼痛を緩和する仕組みが備わっていることを示しており、新しい治療標的の発見や新薬の創製などにつながることが期待される、と研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 指の幅よりも長さの変形の方が仮想空間で受け入れられやすいと判明-名古屋市大ほか
  • KRAS肺がん、WEE1阻害薬+ソトラシブが新治療法となる可能性-金沢大
  • CKDの治療薬ダパグリフロジン、費用対効果高いと国際共同研究で判明-横浜市大ほか
  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー、症状再現マイクロミニ・ブタモデル創出-NCNPほか
  • 爪幹細胞含む「指先オルガノイド」をヒトiPS細胞から作製-関西医科大