医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【財政審が建議】診療所報酬引き下げ要求-調剤は基本料1見直しを

【財政審が建議】診療所報酬引き下げ要求-調剤は基本料1見直しを

読了時間:約 1分33秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年11月22日 AM11:19

財政制度等審議会は20日、2024年度予算編成に関する建議をまとめ、鈴木俊一財務相に提出した。24年度診療報酬改定に向けては、財務省調査で経営状況が良好とされた診療所の報酬単価引き下げなどにより本体マイナス改定を訴えた。調剤報酬では、処方箋集中率が高い薬局に対する調剤基本料1の適用範囲見直しを要求。薬剤師がリフィル処方箋への切り替えを処方医に提案することを評価する仕組みを求めた。

建議では、診療報酬改定について、診療所の報酬単価を引き下げることなどで「本体をマイナス改定にすることが適当」と訴え、医療従事者の処遇改善についても「過度な利益が生じている診療所の報酬単価を適正化することで可能」と診療所の報酬引き下げを重ねて提言した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】在宅訪問の駐車許可緩和-緊急時申請負担も軽減
  • 【消費者庁】機能性表示食品で検討会-日薬から富永常務が参加
  • 【腎臓学会など調査】紅麹中止で大半回復-死亡例に既往歴あり
  • 【厚労省】後発品172社に自主点検実施-承認書と製造実態整合で
  • 【GE議連】薬価下支え策の恒久化問う-骨太方針へ提言検討