医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 新型コロナ重症患者に対する「ICUでの早期リハビリ」の有効性を実証-大阪公立大

新型コロナ重症患者に対する「ICUでの早期リハビリ」の有効性を実証-大阪公立大

読了時間:約 1分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年10月19日 AM10:24

二次感染予防のため、新型コロナ感染者へのリハビリ介入は遅れがちだった

大阪公立大学は10月17日、ICUで挿管呼吸管理下の重症新型コロナウイルス感染症患者に対する早期リハビリテーションを実施し、機械学習を用いた因子評価によりその効果の有用性を実証したと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科 整形外科学の池渕充彦講師らの研究グループによるもの。研究成果は、「Progress in Rehabilitation Medicine」にオンライン掲載されている。

リハビリテーションスタッフは患者に接触する機会が多く、感染症の罹患リスクが他の医療職より高くなる。新型コロナウイルス感染症においても例外ではなく、新型コロナウイルス感染症患者へのリハビリテーションは、快方に向かってから行われることがほとんどだった。その結果、十分な体力をつけて退院できる患者は少なく、特に挿管呼吸管理を行うような重症患者への早期リハビリテーション介入が求められていた。

新型コロナ重症患者に早期リハビリ介入、非介入群と日常生活活動性の指標・死亡率を比較

研究グループは今回、新型コロナ第4波の2021年4~6月に大阪公立大学(当時大阪市立大学)医学部附属病院に、新型コロナウイルス感染症の重症患者として入院した57人のうち34人に、覚醒度に合わせた呼吸練習、座り練習、関節可動域練習、筋力強化練習、立位練習、歩行練習などの早期リハビリテーションを行い、リハビリテーション介入群と非介入群との間で、日常生活活動性の指標(座位・立位・歩行・IMS)や死亡率を比較した。

早期リハビリ介入で活動性指標に有意な結果、二次感染や医療事故も起こらず

その結果、死亡率には差がなかったが、リハビリテーション介入群は非介入群に比べ、座位達成数、立位達成数、歩行達成数、IMSのいずれの活動性指標においても有意な結果を示し、日常生活活動性が早くスムーズに回復する可能性が示唆された。また、恐れていたリハビリテーションスタッフへの接触感染や防護服破損、患者の急変・人工呼吸器閉鎖回路の破綻などの医療事故も起こらなかったという。

これらの結果から、事前学習や個人防護服着用などのマニュアル順守で、重症新型コロナウイルス感染症患者に対する早期リハビリテーション介入が安全に実施できることが明らかになった。

リハビリ介入による感染予防ため事前学習・指導、マニュアル整備が必要

早期リハビリテーション介入の効果は多くの先行研究で報告されているが、同時に接触感染や患者急変など、さまざまな事故の可能性などが指摘されている。「事前学習やマニュアルなどの整備や十分な指導と教育を行うことで、今後の未知なる感染症においても応用が期待される」と、研究グループは述べている。(QLifePro編集部)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 間質性肺炎、線維化進行予測の新規バイオマーカー「SP-B」同定-阪大
  • ウェルナー症候群の動脈硬化を試験管内で模倣する細胞モデル確立-千葉大ほか
  • 思春期の「インターネット不適切使用」で精神病症状・抑うつリスク増-都医学研ほか
  • 希少疾患RVCL、TREX1機能異常がDNA二本鎖切断引き起こす機序判明-新潟大ほか
  • パーキンソン病マウス脳にASO局所投与でαシヌクレイン伝播抑制-東京医歯大ほか