医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【特許庁】中分子医薬で特許出願増-中国がトップの座確実に

【特許庁】中分子医薬で特許出願増-中国がトップの座確実に

読了時間:約 2分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年05月12日 AM10:30

特許庁は、2020年度の特許出願技術動向調査報告書をまとめた。ペプチド医薬や核酸医薬の「」の08~18年における日米欧中韓への出願ファミリー件数では、中国籍出願人による特許出願件数が大きく増加し、全体の約3割を占めるなど世界トップの座を確実にしている。特許庁は、中国籍出願人の出願先が自国中心であるため「現時点では直ちに脅威とまでは言い難い」とした一方で、特許出願を量から質に転換し、外国出願を増やす政策から「今後の動静には注目する必要がある」と分析している。

世界の出願ファミリー件数を見ると、08~18年までに1万7195件が出願されている。12年までは米国籍出願人によるファミリー件数が最も多かったが、13年以降に中国籍出願人が件数を大きく伸ばし、5836件と全体の33.9%を占めた。米国籍が4943件の28.7%、欧州国籍が2789件の16.2%、日本国籍が1344件の7.8%だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】製販業者の要件厳格化へ-林経済課長「後発品共同開発を見直し」
  • 【日薬】薬剤師職能に期待と評価-山本会長、骨太方針の決定で声明
  • 政府、かかりつけ薬剤師普及追記-骨太方針を閣議決定
  • 低調なオンライン服薬指導-経験薬局、4割にとどまる
  • アステラス製薬、オンラインMRを開始-5製品対象に情報提供