医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > SIRPαモノクローナル抗体BI 765063、進行性固形がん対象のP1試験で最初の患者に投与—ベーリンガーとOSE

SIRPαモノクローナル抗体BI 765063、進行性固形がん対象のP1試験で最初の患者に投与—ベーリンガーとOSE

読了時間:約 1分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月28日 PM12:45

ファースト・イン・クラスの抗SIRPαモノクローナル抗体

ベーリンガーインゲルハイム社は6月26日、進行性固形がんの患者を対象に開発中のファースト・イン・クラスの抗SIRPαモノクローナル抗体である「BI 765063(旧称:-172)」を世界で初めてヒトに投与する第1相臨床試験において、最初の患者へ投与したことを発表した。今回の臨床試験は、ベーリンガーインゲルハイムが同剤の独占的権利を取得した提携・ライセンス契約の一環として、 Immunotherapeutics SA(OSE社)によって実施されるものである。

BI 765063は、骨髄系細胞を標的とする抗SIRPαモノクローナル抗体の免疫チェックポイント阻害薬。SIRPαリガンドCD47がSIRPαに結合するのを阻害することによって、マクロファージや樹状細胞などの骨髄系細胞の抗腫瘍活性を低下させる細胞のシグナル伝達を阻害する。2019年3月、OSE社は、進行性固形がん患者において同剤を評価する第1相試験の臨床試験実施許可を2か国の保健当局(フランスとベルギー)から取得していた。

ベーリンガーからOSEへ、マイルストーン1500万ユーロを支払う

同試験は、骨髄系細胞を標的とする免疫チェックポイント阻害薬である同剤を単剤で、またベーリンガーインゲルハイムのT細胞免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1「BI 754091」との併用で投与する用量設定試験。進行性固形がんの患者を対象に、免疫療法の安全性、薬物動態、薬力学および予備的有効性を特性化することを目的としている。

今回の提携・ライセンス契約の条件に基づき、2019年3月に臨床試験実施許可を取得し、第1相試験において最初の患者への投与が行われたことを受け、合計1500万ユーロがマイルストーンとして、ベーリンガーインゲルハイムからOSE社に支払われる。(QLifePro編集部)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • スチムリマブ、寒冷凝集素症対象P3試験でヘモグロビン濃度と疲労を改善-仏サノフィ
  • 病院外で新型コロナの初期診断を可能にする「エックス線診療車」を開発-産総研ほか
  • 気管支鏡検査時の飛沫を防ぐマスクを開発、11月発売予定-名大ほか
  • 京都府立医大髙山氏、エドルミズ投与による予後改善に期待
  • 多発性骨髄腫治療薬、皮下注登場で「点滴静注からの置き換わりに期待」