医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】CAR-T療法、国内初上陸-「キムリア」が来月にも承認へ

【厚労省】CAR-T療法、国内初上陸-「キムリア」が来月にも承認へ

読了時間:約 2分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月22日 AM10:30

癌患者のT細胞にCD19抗原を認識して攻撃するキメラ抗原受容体を発現させ、体内に戻す画期的な免疫療法が国内に初上陸する。薬事・食品衛生審議会の専門部会は20日、ノバルティスファーマが申請したキメラ抗原受容体T細胞()療法「キムリア点滴静注」(一般名:)について、再生医療等製品として製造販売することを了承した。CAR-T療法を採用した国内初の再生医療等製品で、再発・難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病などを効能・効果とし、3月中にも承認される見通しだ。米国で薬価が約5000万円と超高額であることが話題になったが、癌種によっては根治を目指せる画期的な薬剤であり、日本での薬価が注目されそうだ。

キムリアは、患者の末梢血から採取したT細胞にCD19を標的とするCARを発現させ、その細胞を点滴で静脈内に投与する新しい治療法。T細胞の採取から投与まで50日程度かかる。今回、再発・難治性CD19陽性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病()、)患者を対象とした国際共同第II相試験で主要評価項目の基準に達したことから、一定の有効性が期待できると判断した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】チェックリストを改訂-薬局のサイバー攻撃対策
  • 【中医協総会】イミフィンジ約11%下げ-用法用量変化再算定で
  • 【千葉科学大公立化検討会】薬学部に厳しい声相次ぐ-公立化でも学部再編必要
  • 【厚労省】受託者からの再委託は不可-調剤責任は委託薬局に
  • 機能性表示食品をめぐる検討会、サプリにGMP義務化へ‐品質管理「推奨」から強化