医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚科審制度部会】オンライン服薬指導のルール整備-「限定的」など慎重意見相次ぐ

【厚科審制度部会】オンライン服薬指導のルール整備-「限定的」など慎重意見相次ぐ

読了時間:約 2分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月26日 AM10:30


■厚労省、厚科審制度部会で提案

厚生労働省は22日、厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会に、オンライン服薬指導のルール整備に向けた論点を示した。薬機法で薬剤師による対面での服薬指導が義務化されていることを踏まえ、「法令上、対面服薬指導義務の例外を設ける」ことを提案。「例外」の具体的内容については、オンライン診療のガイドラインや国家戦略特区での実証を踏まえ、▽対面の補完▽緊急対応▽服薬計画――といったルールを整備することを示した。さらに、調剤の一部や服薬指導を行う場所に、「職場などを含める」ことも提案したが、委員からは、「極めて限定的にすべき」など、慎重な意見が相次いだ。

オンライン服薬指導は、既に国家戦略特区に指定された福岡市、愛知県、兵庫県養父市の3地域で実証的に実施。患者が離島やへき地に居住し、医師のオンライン診療を受けていて、対面での服薬指導が難しい場合に限り、郵送などで医薬品を受け取れるようになっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省・水谷産情課長】後発品企業間の連携促す-独禁法抵触判断で事例集
  • 【緩和医療薬学会年会】在宅緩和24時間対応に壁-対応可能薬局リスト化を
  • 【要指導・一般薬部会】マイティアルミファイ、点眼薬を要指導薬に
  • 【機能性検討会が報告書】健康被害情報を報告義務-サプリメントはGMP管理
  • 【財政審が建議】費用対評価拡大を要求-セルフMの推進も明記