医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【感染症部会】サル痘対象に臨床研究-天然痘ワクチン接種も

【感染症部会】サル痘対象に臨床研究-天然痘ワクチン接種も

読了時間:約 1分35秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年07月01日 AM10:05

厚生労働省は6月29日、諸外国で感染事例が報告されているサル痘に関する追加対策を厚生科学審議会感染症部会に示した。国立国際医療研究センターや自治体との連携が円滑に実施できる医療機関を参加施設に加えて治療薬の臨床研究を実施し、関東周辺以外で患者が発生した場合に備えるほか、接触リスクの高い医療従事者のうち、希望者に曝露前に天然痘ワクチンを接種することも検討する。

サル痘は、サルなどウイルスを保有する動物と接触すること、性的接触を含めて感染者と接触することで感染する。平均12日間の潜伏後、発熱、頭痛、水疱、膿疱等が発現し、2~4週間後に自然軽快するが、重症化する場合もある。天然痘ワクチンによって約85%発症予防できるとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【文科省検討会】薬学部新設抑制案を了承-中教審など経て告示改正へ
  • 抗原キットのOTC化了承-「第1類」で薬剤師が説明
  • 【日本褥瘡学会】褥瘡領域で専門薬剤師制度-24年度に初の認定試験実施
  • 加藤氏が厚労相に再登板-抗原キットOTC化検討
  • 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ