医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協議会】減算ありきの制度は反対-日薬、後発品加算見直しに

【中医協議会】減算ありきの制度は反対-日薬、後発品加算見直しに

読了時間:約 2分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年07月26日 AM10:15

中央社会保険医療協議会は21日の総会で、後発品の使用促進を踏まえた診療報酬上の対応について議論をスタートさせた。日本薬剤師会の委員は後発品の欠品が相次ぎ、薬局で必要な在庫を確保できない現状から、次期診療報酬改定で後発品調剤体制加算の減算を前提とした評価設計とすることに強く反対した。一方、支払側の委員からは、2023年度末までに全都道府県で使用割合80%以上とする新目標を達成するためには、後発品調剤体制加算の見直しが必要不可欠と強調した。

この日の総会では、昨今の後発品の品質や安定供給に関する問題も踏まえつつ、新目標との関係を踏まえた後発品調剤体制加算等の見直しの検討など、「経済財政運営と改革の基本方針2021」や「成長戦略実行計画2021」を踏まえた今後の対応を論点に議論を開始した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【臨床研究部会】観察研究の定義づけが課題-研究者とCRBで認識乖離
  • 【厚労省】製薬企業に水平分業化促す-ベンチャーが創薬担い手に
  • 【日薬】自宅療養急増で対応方針-緊急時の薬局リスト化
  • 【厚労省】対面診療の処方箋も可能に-初回からの遠隔服薬指導
  • 【厚労省】ノババックス製を供給契約-2022年初頭に1.5億回分