医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】後発品280品目を薬価収載-初後発に「リリカ」、22社参入

【厚労省】後発品280品目を薬価収載-初後発に「リリカ」、22社参入

読了時間:約 1分34秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月11日 AM10:30

厚生労働省は11日、280品目を薬価基準に収載する。初の後発品収載は、疼痛治療薬「」(先発品:=ファイザー)など3成分12規格123品目。先発品メーカーから特許使用の許可を得て後発品として発売するオーソライズドジェネリック(AG)の収載は、初後発に限ると「クロピドグレル硫酸塩・アスピリン」(コンプラビン配合錠=サノフィ)など2成分4規格4品目が収載され、新規収載希望が10品目を超えた内用薬を先発品の「0.4がけ」とするルールは1成分7規格80品目に適用される。

今回、薬価収載の希望品目は288品目だったが、安定供給に不安が生じたなどの理由により8品目が取り下げられ、最終的に69社の94成分154規格280品目が収載された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】後発品推進「80%が限界」-長期品依存の構造で議論
  • 【医薬品第一部会】中絶薬、分科会で再審議-部会では承認を了承
  • 【中教審大学分科会】25年度から薬学部定員抑制-10月以降認可申請認めず
  • 【薬価部会】ゾコーバ薬価は高額薬対応-収載時や再算定ルール議論
  • 【厚労省が見解】データ送受で「運用開始」-紙の処方箋発行でも