医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【富士フイルム富山化学】アビガン、来月承認申請へ-新型コロナで主要項目達成

【富士フイルム富山化学】アビガン、来月承認申請へ-新型コロナで主要項目達成

読了時間:約 1分48秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月25日 AM10:15

富士フイルム富山化学は23日、新型コロナウイルス感染症を対象とした抗インフルエンザ薬「アビガン錠」(一般名:)の国内第III相試験で主要評価項目を達成したと発表した。国内製薬企業が新型コロナウイルス感染症を対象とした第III相試験で主要評価項目を達成するのは初めて。同社は、来月にもアビガンの一部変更承認申請を行う予定で、承認されればレムデシビル、デキサメタゾンに続く3番目の治療薬となる。

アビガンは、新型・再興型インフルエンザの流行時に他の抗インフルエンザウイルス薬が効かない場合、使用が検討される医薬品。同社は3月に、人工呼吸器や酸素療法が不要な肺炎を罹患する入院患者156例を対象に第III相試験を開始。アビガン投与群とプラセボ投与群に割り付け、被験者には割り付けられた薬剤を知らせずに投薬して比較する単盲検試験で実施。体温や酸素飽和度、胸部画像での症状軽快とウイルスの陰性化までの時間を主要評価項目として検討した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】WHO試験「詳細な検証を」-レムデシビルの効果認めず
  • 【文科省委員会】橋渡し研究支援機関を認定-大学発シーズ実用化加速へ
  • 【日薬調査】薬局経営、8月はやや改善-インフル同時流行に警戒
  • 【厚労省】外箱符号にGS1コード-添付文書の電子提供で方針
  • 【日薬連】供給停止時手続きで通知-事前報告書の記載見直し