医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省関係者会議】「安定確保薬」選定へ議論-品目リストに優先順位づけも

【厚労省関係者会議】「安定確保薬」選定へ議論-品目リストに優先順位づけも

読了時間:約 1分48秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月29日 AM10:00

厚生労働省の「医療用医薬品の安定確保策に関する関係者会議」が26日に開かれ、医療上必要不可欠な医薬品の選定などについて意見交換した。厚労省は、長年汎用され、安定確保が求められる医薬品を「安定確保薬」(仮称)と定義し、現時点で日本医学会に所属する各学会から安定的に必要と提案された計418品目の医薬品リストを公表。構成員からは、膨大な品目の評価の優先順位をつけることや作業部会を設けて分析すべきなどの意見が出た。議論に関する取りまとめのたたき台を次回会合で示したい考え。

厚労省は、この日の会議で、各専門学会が「医療上必要不可欠で安定的に確保することが必要」と考える医薬品をそれぞれ10品目程度を選んだリストを公表。今月末まで募集を継続しているものの、22日時点でアスピリン、、セファゾリンナトリウムなど計418品目が挙げられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療安全調査機構】誤投与の死亡例5年で36件-確認タイミング明確化提言
  • 【中医協総会】タケキャブに特例再算定-全体で23成分が対象
  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて