医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【北里大グループ】洗剤等でウイルス不活化-新型コロナの消毒に活用も

【北里大グループ】洗剤等でウイルス不活化-新型コロナの消毒に活用も

読了時間:約 1分17秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月22日 AM10:30

北里大学と北里研究所は、大村智記念研究所の研究グループがエタノールや界面活性剤を含有成分とする市販製品22点の新型コロナウイルス不活化効果を調べたところ、21点が不活化に有効だったとする試験結果を発表した。ハンドソープなど15製品、洗濯用洗剤など7製品の液体とウイルスを含有した液体を混ぜてウイルス増加の有無を調べたもので、同研究所は21製品について「ウイルスの汚染が懸念される手指の洗浄のほか、衣類の洗浄などに活用が期待できる」と結論づけた。

今回の試験は、新型コロナウイルスの消毒方法について市場に流通している医薬部外品や雑貨に関する不活化効果の情報が少ないことを踏まえて実施したもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省調整会議】全ゲノムDB構築へ議論-解析方法など検討事項提示
  • 【厚労省】市販後安全状況を定期報告-医薬品行政監視委スタート
  • 【厚労省】スイッチ化へ中間骨子案-販売体制や環境整備など
  • 【厚労省】デジタル化関連で新事業-電子処方箋システムに38億円
  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与