医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】ワクチン開発、米英と協力-新型コロナで追加契約

【厚労省】ワクチン開発、米英と協力-新型コロナで追加契約

読了時間:約 1分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月16日 AM10:30


■厚労省など官民連携

厚生労働省は、世界規模で感染拡大する新型コロナウイルスのワクチン開発を進めるため、日本など複数の国や財団等が出資する「感染症流行対策イノベーション連合」(CEPI)が、英オックスフォード大学、米ノヴァヴァックス社とパートナーシップを結んだことを公表した。速やかに臨床試験を実施できる能力などがあると判断されたもの。CEPIが新型コロナウイルスに対するワクチン開発でパートナーシップを締結したのは計6件となった。

CEPIのパートナーシップの基準として、速やかに臨床試験を実施できることやワクチンを数百万人分レベルで大量製造できることなどが条件となっている。先月に公募した結果、オックスフォード大とノヴァヴァックス社が要件を満たしたことから、今回のパートナーシップ締結に至った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【製薬協/AMED】治療薬開発へ連携強化-新型肺炎対策で協力
  • 【厚労省会議が初会合】厳しい抗菌薬の国内生産-医薬品安定確保に向け議論
  • 【国際医療センター】新型肺炎薬の治験参加へ-「レムデシビル」有効性を評価
  • 【第105回薬剤師国試】合格率69.58%と前回並み-「妥当な難易度」
  • 【薬事日報調べ】薬大の8割が卒業式中止-新型コロナがシーズン直撃