医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【梅田薬局の成果報告】ロボット化で調剤ミスなし-待ち時間も3分の1に

【梅田薬局の成果報告】ロボット化で調剤ミスなし-待ち時間も3分の1に

読了時間:約 1分47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月21日 PM12:15

薬局のロボット化によって調剤ミスの発生は抑えられ、患者の待ち時間は短くなる――。薬剤師の対物業務の自動化を追求した薬局として、昨年3月に大阪市にオープンした梅田薬局を展開するメディカルユアーズの渡部正之社長は、神戸市で開かれた日本病院薬剤師会近畿学術大会で講演し、ロボット化の成果を報告した。梅田薬局のアクシデント発生件数はゼロに抑えられ、患者の待ち時間は立地や応需診療科が似た同社の薬局に比べて3分の1に短縮できたという。

JR大阪駅前にあるビルの医療モール内に開設された梅田薬局には、箱出し調剤が主流である欧州の薬局で汎用されている小包装製品の自動入庫払出装置を導入した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【製薬協/NCBN】新薬創出へ産学官共同研究-疾患別情報統合DBを構築
  • 【厚労省】1年以上の勤務など要件-常勤薬剤師は半数以上
  • 厚生労働省・大麻等の薬物対策のあり方検討会、大麻規制のあり方を議論-厚労省検討会が初会合
  • 東京都薬事審議会、6月から認定申請を受付-薬局認定のプロセス案了承
  • 【厚労省】米ファイザーと正式契約-ワクチン供給、2400万回分増