医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】「フォーミュラリー」評価に反対論-経済性重視を警戒、不信根強く

【中医協総会】「フォーミュラリー」評価に反対論-経済性重視を警戒、不信根強く

読了時間:約 1分47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月16日 AM10:15

中央社会保険医療協議会総会は13日、2020年度診療報酬改定に向け、高度な医療を提供する特定機能病院でのフォーミュラリー(使用ガイド付き医薬品集)作成の評価をめぐって議論した。診療側の医師委員からは、安定供給の懸念や使用医薬品が制限されることを不安視する反対意見が続出。一方、支払側委員は、安全性や経済性にメリットがあるとし、評価に賛同した。後発品使用体制加算の評価項目の一部としてフォーミュラリーを要件化するなど、条件付きで評価すべきとの声も上がった。

既に一部の医療機関では、医薬品の適正使用などの観点からフォーミュラリーを採用しているが、日本病院薬剤師会の調査結果によると、フォーミュラリー作成に取り組んでいる特定機能病院は21.3%にとどまるのが現状である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】米ファイザーと正式契約-ワクチン供給、2400万回分増
  • 【政府戦略会議】バイオ薬市場の倍増目標-10年後視野に戦略具体策
  • 日本保険薬局協会、PCR陽性の薬局職員119人-コロナ感染影響を調査
  • 【日病薬】医薬品全体への信頼欠く-木平会長、小林化工の事案に危機感
  • 【厚科審部会】コロナを新型インフルに分類-入院拒否に罰則適用も